1:2014/02/25(火) 00:58:19.67 0 ID:
 2853f9c2.jpg 
バクウンソン選手

国家人権委員会は、国内の女性実業サッカーWKリーグ6球団の監督?コーチがバクウンソン(27?女)選手の性同一性の問題を提起したのはセクハラだと判断した。

人権委は24日午後開かれた電力委員会でこのように決定し、文化体育観光部長官、大韓体育会長、大韓サッカー協会長、韓国女子サッカー連盟会長と再発防止対策の準備を勧告したと明らかにした。

   また、大韓サッカー協会長と朴選手の性同一性の問題を提起し
   6球団の監督?コーチなど6人の懲戒処分を勧告した。

今回の決定は、昨年11月に「議論の余地もなく女性である朴選手の女性がないとし、性別診断を要求したのは人権侵害であり、言語的セクハラ」と受理された真に基づくものである。

性別診断の要求をしたことで知られている監督は「監督会議で朴選手の性別診断を要求しようという話をしたことがなく、優れた選手をなぜ女性代表として選抜していないかについて連盟が判定してもらったもの」と釈明した。

人権委は決定文で「被陳情人の会話の意味は、医学的な方法で、その選手が男性で、女性であることを明確に判断してくれということで見ることができる点で、監督がその選手の性別診断を要求したと認めた」と説明した。

また、
「これにより、選手本人が性的侮蔑感を感じたと主張しており、一般的なピョンギュンインの観点から客観的に見ても、「性別診断」発言に対して、性的屈辱感や侮蔑感を感じるに十分だ」
と判断した。

人権委は引き続き
「被陳情人が性別診断を求め、議論を巻き起こしたことは、結果的に
セクハラ行為をしたもので、その選手も訓練参加には消極的になると訴えている」
とし
「これは典型的なセクハラ事件の被害特性と一致している」
と指摘した。

昨年11月、ソウル市庁を除いた残りのWKリーグ6球団は、朴選手の性同一性に疑問を提起し、「朴選手をWKリーグの試合でプレーしないようにするために決意した」と明らかに論議を呼んだ。
http://translate.google.co.jp/translate?sl=ko&tl=ja&js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.yonhapnews.co.kr%2Fsociety%2F2014%2F02%2F24%2F0706000000AKR20140224202551004.HTML