軍事 
(イメージです。)


1
:2014/10/24(金) 11:55:47.01 ID:
韓国と米国が戦時作戦統制権(戦作権)転換時期として新しく定めた「2020年代半ば」という概念はあいまいだ。
国防部の当局者は2022年ごろキルチェーン(先制打撃システム)と韓国型ミサイル防衛(KAMD)体系を構築できるだろうという点を挙げ、「2022-2027年のある時点」と述べた。李明博(イ・ミョンバク)政権当時に定めた2015年12月1日と比べ7-12年という時間を追加で稼いだのだ。核とミサイルという北朝鮮の脅威に対応できるまで米軍の情報と戦力をそのまま活用できることになった。

戦作権転換時期をまた延期しようという議論は、北朝鮮の状況変化のために始まった。韓米両国は金正日(キム・ジョンイル)総書記の死去(2011年12月)で北朝鮮体制の不安定性が高まったと判断した。何よりも金正恩(キム・ジョンウン)体制に入った後、2012年12月に3度目の核実験で、北朝鮮の核兵器保有が現実化したという判断も作用した。このため政府は昨年5月から米国に再延期を要求し、4月の韓米首脳会談で「適正な時期と条件」を考慮して戦作権を転換することで合意した。すでに「追加の延期」という答えが出てきた状況だった。しかし一度の国防長官会談と4回の高官級交渉を通じて最終結論に向かう過程は容易ではなかった。一時、米側は目標時点を明記しようと主張した。特に、龍山基地の一部と第210火力旅団の残留による費用をどう分担するかなどをめぐり最後まで駆け引きがあったという。結局、「双方が合理的に解決していくことにした」というラインで決着したが、今後解くべき課題が残った。

さらに大きな問題は軍戦力の増強にかかる莫大な費用だ。すぐにもキルチェーンとKAMDに今後17兆ウォン(約1兆7000億円)を投入しなければならない。北朝鮮長射程砲の天敵である次期多連装ロケットの導入にも2020年まで数兆ウォンが必要となる。F35と韓国型戦闘機を導入するボラメ事業(KFX)などは40兆ウォンにのぼる。さらに探知装備の人工衛星とグローバルホーク、イージス駆逐艦まで含む場合、60兆ウォンを超える。今年の国防部の年間総予算(35兆7056億ウォン)の1.7倍だ。

政府当局者は今回の合意に関し、「米側に追加で提供する代価はない」と主張した。しかしこの言葉をそのまま信じるのは難しいと、専門家は指摘している。
当初予定された時期より7-12年遅れるだけに、いかなる形態であれ米側が「代価」を要求するという意味だ。すでに米国内では「グアム基地軍事力増強費用の一部を韓国側に負担させるべきだ」(議会調査局報告書)という声が出ている。また、北朝鮮のミサイルに関する情報の共有を強化するだけに、米ミサイル防衛(MD)編入または高高度ミサイル防衛システムTHAAD(サード)配備に関する批判も強まる可能性がある。「韓半島(朝鮮半島)および領域内安保環境」を戦作権転換評価の条件に含めたのも注目する部分だ。中国を念頭に置いて米側が要求した部分だ。

◆混乱の連続=今回の韓米定例安保協議(SCM)は前日まで混乱した。当初23日午前8時30分(現地時間)に開くことにしたが、午後1時15分に始まった。韓米国防・外交長官会談の「2プラス2」も22日晩まで日程が決まらなかったが、24日午前9時に決まった。24日にワシントンを出発する予定だった韓民求(ハン・ミング)国防部長官は会談日程が遅れたことで、ニューヨークを経由して帰国する航空便まで準備した。

ソース:中央日報 2014年10月24日09時35分
http://japanese.joins.com/article/785/191785.html?servcode=200&sectcode=200
関連
【米韓】韓国への作戦統制権移管が再延期…目標は20年代半ば、事実上無期延期との見方も[10/24]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1414112836/
【米韓】戦時作戦統制権移管問題、米NSCの緊急招集で韓米協議が後回しに…韓国側は「礼儀を欠いている」と不快感あらわ[10/24]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1414115702/