(イメージです。)
 
1::2019/12/27(金)12:54:54.30ID:FxgGS2zG0.net

2020年の東京オリンピックの聖火台の燃料に、次世代エネルギーとして注目される「水素」を採用する方針が固まったことがFNNの取材でわかった。

聖火台は、開会式と閉会式では国立競技場に、競技期間中は、東京・台場エリアの「夢の大橋」に設置される予定。

水素を燃料に採用した場合、「夢の大橋」の聖火台は、費用がかかる充填(じゅうてん)方式になり、開閉会式用の聖火台とあわせると数十億円規模と、過去の大会と比べて予算規模が膨らむことから検討が続いていた。

複数の関係者によると、政府や東京都、組織委員会とともに、開発を担当してきたトヨタ自動車も費用を負担する方向となり、水素を採用する方針が正式に固まったという。

https://sp.fnn.jp/posts/00429615CX/201912271213_CX_CX