(イメージです。)
 
1れいおφ ★2019/12/01(日)19:14:28.83ID:CAP_USER.net
韓国のインスタントラーメン業界が1960年代に日本企業(明星食品)の無償の技術提供でスタートしたことは日韓ビジネス史の美談として歴史に残っている。

当初は草分けの「三養(サムヤン)」がトップメーカーだったがその後、「農心(ノンシム)」がシェアを拡大しトップになった。韓国は今や輸出を含めインスタントラーメン王国だ。
とくに「農心」の激辛「辛ラーメン」は日本をはじめ海外でも人気ブランドになっている。

ラーメンに限らず韓国の食品メーカーの多くは、自動車や半導体など他分野の企業と同じく日本との提携や協力で発展してきた。

「農心」の場合も「ハウス食品」や「味の素」「伊藤園」など日本企業との関係が深いのだが、
その「農心」が今年、それまで恒例になっていたソウル日本人学校による秋の工場見学を断ってきた。学校関係者の話によると、日韓関係悪化に伴う反日機運のせいだという。

「農心」見学は毎年、盛りだくさんのお土産もあって人気だったという。
その「農心」までも…と学校や父母たちは残念がっているが、企業がそこまで気にしなければならない韓国社会の日本がらみの“空気”はいささか異常である。
そしてメディアはビールなど日本製品不買運動の“成果”をいまなお意気揚々、喜々として伝えている。(黒田勝弘)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000503-san-kr