(イメージです。)
 
1ハニィみるく(17歳) ★2019/11/29(金)10:30:34ID:CAP_USER.net
(写真)

▲ 日本製品不買運動のパフォーマンス
_________________

先月、日本のビールの韓国輸出額が1年前に比べて99%以上減少したと集計された中、6か月目に差し掛かった日本製品不買運動が依然として効果的に進行中という分析が出ました。

日本製品不買運動をいち早く開始した韓国マート協会のキム・ソンミン会長は今日(29日)、tbsの『キム・オジュンのニュース工場』とのインタビューで、「消費者は日本製品の代わりに国産や他国の製品を使い、マートは代替品を備えている」とし、「日本製品不買運動が一つの文化として定着したようだ」と明らかにしました。

キム会長はビールだけではなく飲み物やタバコ、洗剤など、全般にわたって日本製品の販売量が大幅に減少したと付け加えました。

かつて日本製品の在庫を売るためにセールを行い、叱咤を受けた大手流通マートも今は店内ので在庫を一掃した状態であると説明しました。

キム会長は、「植民地時代を思いながら、韓国を蔑視する日本政府に送った我が国民の初の警告だ」とし、「日本が経済貿易報復を撤回して歴史を反省するまで、不買運動を持続するだろう」と強調しました。

ソース:tbs交通放送(韓国語)
http://www.tbs.seoul.kr/news/bunya.do?method=daum_html2&typ_800=1&seq_800=10367704