(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★転載あかん2019/11/09(土)00:10:41ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

 韓国青瓦台(大統領府)関係者は8日、「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了により韓米同盟関係が薄まるとは思わない」との考えを示した。記者団に対し語った。

 GSOMIA終了で韓米同盟に問題が生じるとの見方に対する意見を求められた同関係者は「日本の(経済報復措置としての)輸出規制の原因は(韓国を)信頼できないという点だった。それにより最も重要な安全保障事項を共有するGSOMIAを維持することがわれわれとしては容易ではなかった」と述べた。その上で、「GSOMIA終了決定に対する立場に変化はない」とした。

 青瓦台側のこうした見解は、日本の態度変化なしにGSOMIA終了の決定を変更する意向がないことを明らかにしたものとみられる。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191108004400882?section=politics/index
聯合ニュース 2019.11.08 19:17