(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★転載あかん2019/10/31(Thu)11:52:04ID:CAP_USER.net
2016年高高度ミサイル防衛(THAAD)体系が韓国に配備されたことによって始まった中国の限韓令が韓国を越えて海外在住の韓人にまで拡大している。米国の有名音楽大学が学校所属のオーケストラの中国公演に韓人団員を連れて行かない予定だったが批判が強まると結局公演を暫定的に延期した。該当の音楽学校は限韓令によって、中国が韓人団員の入国を拒否してきたと明らかにした。

当初米国、ロチェスター大学イーストマン音楽学校所属のオーケストラ「イーストマン・フィルハーモニー管弦楽団」は、12月30日から来年1月8日まで上海・杭州・瀋陽など中国8都市をめぐるツアー公演を行う計画だった。だが、ジャマル・ロッシ(Jamal J. Rossi)学長は29日(現地時間)、ホームページに載せた「学長のメッセージ」で、「オーケストラの団員全員が出席できるようになるまでツアーを延期することを決めた」と発表した。これに先立ち、「80人余りの学生に機会を与えるために(韓人団員を外して中国)公演を決めた」と明らかにしたが、これを翻意したのだ。

今月25日、ロッシ氏は「韓人団員3人を除いてイーストマン・フィルハーモニー管弦楽団の中国ツアーを行うことを決めた」という文を載せた。ロッシ氏は「先月末、中国側パートナーが『オーケストラの韓人学生3人にはビザを発給することができない』と知らせてきた。「2016年米国が韓国に設置したTHAADと関連がある」とし「中国は(THAAD配備に対応して)韓国人芸術家の中国公演をさせないようにしてきた」と付け加えた。

ロッシ氏はその一方で「学校設立以来、初めての海外ツアーだが、公演2カ月前に中止することになれば中国におけるイーストマン音楽学校の名声に否定的影響を与える」としながら「これは教授陣と団員に(中国での)潜在的採用、公演機会にとって制約になりえる」と話した。世界クラシック市場における中国の影響を無視できなかったという点を告白したわけだ。ロッシ氏はまた「(韓人学生の)ビザ発給を受けるために米議会関係者と在ニューヨーク州中国領事館に2週以上にわたって入国方法を問い合わせてみたが失敗した」とし「韓人学生3人も『ツアーは継続するべき』とコメントした」と話した。あわせて「この決定は全て私の決定」としながら他の人々を非難しないようにとの意向を明らかにした。

だが、米国内では非難が相次いだ。同校博士課程学生であるダイアナ・ローゼンブラム(Diana Rosenblum)さんは「学校の『差別禁止政策』に違反している」と批判した。韓人3人の排除事実を報道した「ヴァオリニストドットコム(violinist.com)」も「人権運動時代には、白人ジャズミュージシャンが黒人の仲間を歓迎しない公演を拒否した」と指摘した。この記事には「ツアーからの排除決定は非常識で卑怯だ。学長は辞任し、(ツアーを行くことにした)団員も芸術家になるのかチェス盤の駒になりたいのか決めなければならないだろう」というコメントもあった。

2016年、中国政府が限韓令を発動してから、中国内での韓国芸術・文化人の活動は難しい状態だ。2017年2月、世界的ソプラノのチョ・スミ(スミ・ジョー)が中国からビザが下りなかったため、広州・北京・上海で計画した公演を中止したのが代表的だ。そのほか大勢の韓国芸能人の中国内ドラマ・映画出演、コンサートが取り消された。

最近、中国人の韓国への観光入国が増えて限韓令が緩和されたという評価も出ているが、今回のイーストマン音楽学校の中国公演論争は中国が海外まで執拗に報復していることを示す事例だ。

これに関連し、中国外交部は30日の定例記者会見で「個別の事件にすぎない。昨年、中韓を往来した950万人の数値はどうなっているのか」とし、THAADとは無関係との立場を明らかにした。 

https://japanese.joins.com/JArticle/259102
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.10.31 09:01


29日付のジャマル・ロッシ学長が学校のホームページに寄せた「すべての団員が参加できるまでツアーは延期する」と伝える公示。[イーストマン音楽学校のホームページキャプチャー]


米国イーストマン音楽学校のオーケストラ「イーストマン・フィルハーモニー管弦楽団」が公演している様子。[イーストマン音楽学校のホームページキャプチャー]