(イメージです。)
 
1ハニィみるく(17歳) ★2019/10/26(土)16:47:24.31ID:CAP_USER.net
|カリフォルニア州連邦下院14名が支持署名
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

韓国と日本の貿易対立について、ドナルド・トランプ大統領に仲裁を求める内容の書簡にカリフォルニア州の連邦下院議員14人が支持署名をしたと、LA韓人会(会長=ローラ・チョン)が25日に明らかにした。

この書簡は前日の24日付でホワイトハウスに発送された。下院外交委員会・アシア太平洋小委員会のブラッド・シャーマン委員長などが署名した書簡には、インド・太平洋地域の平和と安全、安保を増進するための韓米日同盟の必須的役割と重要性を強調して、米政府が積極的に仲裁に乗り出さなければならないという内容が盛り込まれた。

LA韓国人会は、「去る7月から約4か月近く、18人の連邦議員と複数回の会議を通じて韓日両国の歴史と関係を説明した」とし、「また、韓日関係の友好増進と絆を強化することが米国にも役に立つことを力説するなど、容易でない非常に困難な過程を経た」と述べた。

この書簡に署名した議員は、シャーマン議員の他にもカレン・バス、ジュリア・ブラウンレイ、トニー・カルデナス、ジュディ・チュー、ギル・シスネロス、ルー・コレア、ジミー・ゴメス、ケイティー・ポーターなどがいる。韓人タウンと韓人密集地域であるフラートンなどを選挙区にする議員が多数含まれた。

先立って去る8月、LA韓人会は日本政府の半導体素材の輸出規制とホワイトリストの韓国排除措置の直後、韓人社会の立場を明らかにする声明書を発表して、米政府の積極的な仲裁を要請する署名運動を展開してきた。

ソース:米州中央日報(韓国語)
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=7720259