(イメージです。)

1::2019/10/17(Thu)13:53:22ID:CAP_USER.net
2019年10月16日、韓国・ノーカットニュースは、韓国で日本製品の不買運動が長期化する中、この運動に賛同していたある大型スーパーが「こっそり販売を再開していた」と報じた。

記事によると、韓国スーパー大手のイーマートのある店舗では現在、酒類コーナーで日本メーカーのビール350ミリリットル6缶を1万ウォン(約910円)でセール販売している。この他、日本メーカーの食品やオムツなどの販売も不買運動前と同じように売られているという。

また、同じく韓国スーパー大手のホームプラスのある店舗でも日本メーカーのビールが販売されており、食品コーナーにも日本の味噌や醤油、とんかつソース、かつお節や顆粒だしなどが並んでいるという。

さらに記事は「ミニストップ、イーマート24、GS25などのコンビニでも日本メーカーのビールの販売が再開されていることを確認した」と伝えている。

これを受け、全南市民団体連帯会議のキム・テソン事務処長は「日本製品不買運動と日本旅行自粛運動の持続と拡散は韓国政府の対応の基礎であり、このまま不買運動が終わってはならない」と話し、「日本製品の不買運動に対する国民の持続的な関心と参加が必要」と強調したという。

これを受け、韓国のネット上では

「何やってるの?」
「日本製品が陳列されてる店には行かないようにしよう」
「(今後は)日本のお酒を売ってる店も不買運動だ」

など感情的なコメントが相次ぎ、中には

「どこかのユニクロもセールで人があふれてたよ」

と指摘するユーザーも。

ただし、一方で

「販売するしないは自由。なんで強要するの?この記事は、世論がこれを非難するように仕向けてる」
「不買運動を強要するおかしな国。したい人だけすればいい」
「店の人だって家族や従業員を食べさせていかなきゃならない」

と不買運動熱の高まりに警鐘を鳴らす声も多く上がっている。

Record china
2019年10月17日(木) 13時10分
https://www.recordchina.co.jp/b752669-s0-c30-d0127.html