(イメージです。)

1::2019/10/15(Tue)16:11:10ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

 韓国国会で先ごろ可決された、2020年東京五輪・パラリンピックでの競技場への旭日旗の持ち込み禁止を求める決議案を日本側に伝達するために与野党の議員団が訪日する意思を伝えたものの、日本側がこれに応じずにいることが14日、分かった。国会文化体育観光委員会の安敏錫(アン・ミンソク)委員長(与党・共に民主党)がこの日、国会で開かれた大韓体育会(韓国オリンピック委員会)などに対する国政監査で明らかにした。

 安氏は日本側の態度について、「非常に遺憾であり、傲慢(ごうまん)な態度」とし、「わが国を無視する姿勢が続けば、両国間に外交的にも不幸な状況になるだろう。あらかじめ警告する」と述べた。

 その上で、「日本側がわが国の国会代表団の面談日程を決めることを丁重に要請する」と話した。

 韓国国会は先月30日の本会議で同決議案を可決した。出席した議員199人のうち196人が決議案に賛成し、3人は棄権した。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191014005200882?section=japan-relationship/index
聯合ニュース 2019.10.14 20:56


国会文化体育観光委員会の安敏錫委員長=(聯合ニュース)