(イメージです。)
 
1鴉 ★2019/10/08(火)19:20:11.66ID:CAP_USER.net

(前略)
見学者は事前に作品解説の教育プログラムを受け、約1時間かけてガイドと回る。8日は2回計60人限定とする。貴重品を除く手荷物を預け、金属探知機のチェックを受ける。展示物の動画撮影は禁じられ、SNS(交流サイト)への拡散防止を求める。9日以降は、誓約書を書く必要がある。
(後略)

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO50726390Y9A001C1CC0000


(前略)
芸術祭実行委員会のホームページによると、入場は1日2回に制限し、抽選で1回30人に絞り、1回目は午後2時10分から1時間。2回目は午後4時20分から40分間。大村知事の7日の発表によると、鑑賞者は事前にエデュケーション(教育)プログラムを実施し、ガイドを付けて鑑賞する。また、安全を確保するため金属探知機によるチェックも行う。

不自由展の中止後、抗議の意思を示すため、芸術祭に参加していた他の国内外10組以上の作家が出展を中止・変更していたが、同展再開に伴い、全作家が復帰する。不自由展が開幕3日で中止になったことを巡っては、文化庁が「(開催により)円滑な運営が脅かされることを認識していたにもかかわらず、申告しなかった」などとして、既に採択していた県への補助金の全額不交付を決めている。芸術祭は14日まで。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000013-mai-cul


(前略)
 5日には芸術監督の津田大介氏が「8日以降の再開というのが現実味が高い。協議は続いている」と発言していたが、翌日の6日に表現の自由について話し合う国際フォーラムで、出展している作家自らが抗議に対応する取り組み「Jアートコールセンター」の設置が発表された。

「Jアートコールセンター」は、8日から会期末の14日までの正午から午後8時までの時間で、作家が直接抗議の電話に対応する。

 出展作家の1人である演出家の高山明氏は「異論がそのまま響く空間がほしかった。(抗議してきた人と)直接話したい」と語っている。

https://lite.blogos.com/article/409101/