(イメージです。)
 
1ハニィみるく(17歳) ★2019/09/25(水)16:16:05.83ID:CAP_USER.net
(写真)


講義中に日本軍 “慰安婦”を売春の一種と発言した延世(ヨンセ)大学校・社会学科のリュ・ソクチュン教授について、日本軍性奴隷制問題解決のための定期水曜デモで批判が相次ぎました。

今日(25日)の正午、ソウル鍾路区(チョンログ)の旧日本大使館前で開催された『第1406回・日本軍性奴隷制問題解決のための水曜デモ』では、清州(チュンジュ)聖化(ソンファ)初等学校(小学校)、原州(ウォンジュ)丹邱(タング)初等学校など、5校の小学校の生徒数百人が参加しました。

韓国天主教女子修道会長上連合会のチャン・サルルス修道女は、「ある大学教授が私たちのハルモニに対して “妄言”を吐いたという話を聞いて心が痛かった」とし、「ここに集まった皆さん(小学生)よりも歴史的意識が不足していると思った」と述べました。

正義記憶連帯のハン・ギョンヒ事務総長も、「一部の極右勢力は慰安婦の事実自体を否定してハルモニを侮辱する発言を躊躇しないが、最近では我が国でも一部の者がそのようなことを言っている」とし、「被害者の人権を傷つけ、事実ではない言葉で真実を歪曲する者は教育者の資格がない」と批判しました。

また、『道しるべ代表』と自己紹介したある中年男性は、「(日本軍)性奴隷が自発的だとか、お腹が空いてたからやったと考える教授がいるらしいが笑わせる話だ」と言いながら、「リュ・ソくチュン教授を罷免セヨ」と叫びました。

参加者はこの日の声明書で、「国内でも歴史認識が欠けた一部の常識がない者の発言により、生存しておられる被害者ハルモニの心的苦痛がさらに積み重なっているが、真実の光は絶対に遮れない」と強調しました。

先立ってリュ・ソクチュン教授は去る19日、『発展社会学』の専攻科目の講義で慰安婦被害ハルモニについて、売春女性で指称して物議を醸しました。また、この発言に抗議する女子学生に対し、「気になるのなら一度やってみますか?」と話し、セクハラ的発言だという批判を受けました。

ソース:KBS(韓国語)
http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=4290150&ref=A