(イメージです。)
 
1荒波φ ★2019/09/25(水)09:49:24.91ID:CAP_USER.net
【ニューヨーク聯合ニュース】

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日(米東部時間)、訪問先の米ニューヨークで国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、2020年の東京五輪への南北合同チーム出場と32年の夏季五輪の南北共同招致へ意欲を示した。この問題に対するバッハ氏の関心と支援にも謝意を伝えた。

文大統領は32年夏季五輪の招致準備の一環として、24年の冬季ユース五輪招致も前向きに検討していると説明した。

文大統領は韓国・平昌での18年冬季五輪に始まった、朝鮮半島平和プロセスの進展に向けた韓国政府の取り組みを説明した上で、20年東京五輪での南北合同チーム結成も含め、スポーツを通した南北の和合と協力を推進していくと述べた。

また、18年の平昌、20年の東京、22年の北京と、東アジアで相次ぎ開催される五輪が韓中日3カ国間の友好と協力による繁栄、北東アジア平和の拡大に寄与するだろうと期待を寄せた。

これまで韓国国内では、日本の経済報復に対し東京五輪のボイコットまで検討すべきではないかという意見も一部であったが、文大統領は五輪を通じた国際交流を続ける意向を改めて示したことになる。南北関係改善の糸口にもつなげたい考えだ。

2019.09.25 09:21
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190925000300882?section=news