(イメージです。)
 
1ガラケー記者 ★2019/09/24(火)15:07:33.29ID:CAP_USER.net
北朝鮮が発射した新型の短距離ミサイルの軌道を日本が探知できなかったと報じられた問題で、韓国メディアは「韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄に日本はようやく焦りか」などと報じた。中国メディアの環球網が24日付で伝えた。

記事は、日本のメディアの報道として、「5~9月に北朝鮮が発射したミサイルと見られる飛翔体について、自衛隊のレーダーで探知できない事例が複数あった」と指摘。「そのうち、新型のKN23は日本にも届く可能性がある」などと伝えた。なお、韓国は探知に成功したとみられている。

記事によると、今回の報道を受け、韓国メディアは「北朝鮮のミサイルを何度も探知できず、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の重要性が浮き彫りに、日本はようやく焦る?」と報道。「日本政府は一貫して、GSOMIAは日本にとって補助的なツールにすぎないと主張してきた。しかし、GSOMIAの中止は日本の防衛分野に相当大きなダメージを与える。この穴を埋めるために、日本政府は米国の民間企業と協力するなどして、対北朝鮮情報収集能力を強化しようとしている」などとも伝えているという。

Record china
2019年9月24日(火) 11時30分
https://www.recordchina.co.jp/b747152-s0-c10-d0052.html