(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2019/09/23(月)22:58:05.83ID:CAP_USER.net

▲'change.org'ホームページ キャプチャー

サイバー外交使節団バンクが世界最大規模の請願サイト(www.change.org)に「東京オリンピックで旭日旗(戦犯旗)使用を禁止して欲しい」という内容の英文請願をアップして3日で8400以上の署名が集まった。この請願サイトで署名するためには必ず会員登録しなければならず、世界世論を代弁すると見なすことができる。

バンクは請願でオリンピック憲章50条2項を引用して文を始めた。「どんなデモや政治的、宗教的、人種的宣伝もオリンピックと関連した場所や地域では許されない。」続けて1936年、ベルリン五輪を例にあげて当時、ドイツ・ナチが軍国主義の象徴である「ハーケンクロイツ」を利用してオリンピックを軍国主義宣伝の場にしたと説明した。旭日旗が持つ意味をよく分からない外国人にナチのハーケンクロイツを活用して理解を助けたのだ。

バンクは「2019年9月、2020年東京オリンピックとパラリンピック組織委員会は旭日旗が日本全域で広範囲に使われてきたし、いかなる政治的意味も含まないと発表した。旭日旗は日本自衛隊の国旗で日本帝国主義侵略戦争の象徴だ。100年前、日本の帝国主義侵略のために日本の旭日旗は韓国人や中国人を含むアジア人にとってナチ軍国主義象徴のハーケンクロイツと同じだ」と強調した。

彼らは特に「日本の帝国主義侵略で2000万人以上の死亡者が発生した」という事実に言及し、日本の旭日旗がナチのハーケンクロイツと同じ戦争犯罪旗であることを力説した。

それと共にヨーロッパ国家内ではハーケンクロイツ模様の使用が禁止されており、これに違反した場合、強力な処罰を受けるが、日本は旭日旗と関連したいかなる精算も行われなかったと書いた。

バンクは「日本政府が2020年東京五輪で旭日旗を使うことにしたのはオリンピックが政治的宣伝に利用された1936年ベルリン五輪を再現すること」として「オリンピック精神を踏みにじり、オリンピック史上最も恥ずべきとされるドイツナチ ベルリン五輪が21世紀の東京五輪で復活するのを防ぐことが最も重要だ」と訴えた。

パク・ギテ、バンク団長は「日本は韓国だけが旭日旗応援に反対すると言っているが、この請願に参加する外国人の数字を根拠にIOCとTOCOGに抗議する計画。全世界の若者たちに現状を説明し、国際的支持確保を通じて国際社会の共感形成に拍車をかけるために請願を展開した」と説明した。

チョン・ジニョン記者

ソース:国民日報(韓国語)世界最大請願サイトに“東京オリンピック旭日旗応援反対”…3日新しい8千人突破
http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0013743326&code=61131111&sid1=int