(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2019/09/21(土)23:12:20.66ID:CAP_USER.net


「戦犯旗」は洋の東西を問わず全世界的に登場する悩みの種だ。

20日ベトナム、ホーチミンのトンニャットスタジアムで開かれたホーチミン・シティFCとサイゴンFCの2019シーズンVリーグ24ラウンドの試合はいつもより興味深い流れだった。チョン・へソン監督が率いるホームチーム・ホーチミンが先制ゴールを入れ、サイゴンの選手1人が退場させられて雰囲気が急激にホーチミン側に傾いた。

しかし、サイゴンが意外な同点ゴールを入れて試合は振り出しに戻った。ホーチミンは落ち着いて試合を支配しその後、3ゴールをきめて4-1で勝った。ホームで準優勝を確定する意味のある試合だった。

現場の雰囲気は熱かったが競技場の片隅ではためく戦犯旗形状の旗は残念だった。ベトナムをはじめとする東南アジアのチームは観客席に散らばってグループを作り応援する場合が多い。ホーチミンも同じだった。あちこちに応援組織がそれなりの構成で応援合戦をくり広げるが、ゴールポストの後側の一つに席を占めた一部ファンは戦犯旗からモチーフを取ったような大型旗を絶えことなく振り続けた。

いわゆる「旭日昇天旗」の形で日本の軍国主義を象徴する代表的な道具だ。

戦犯国日本が全世界に戦争を起こした時、戦犯旗を前面に押し出した。過去、ドイツのナチがハーケンクロイツ模様を国家イメージとして使ったのと同じ脈絡だ。ハーケンクロイツ模様は全世界でタブーになっているが、旭日旗の場合、相対的に問題意識が弱い。洋の東西を問わず色々な人物、団体で旭日旗形状を使って物議を醸す場合が多い。

最近、韓国政府が2020東京オリンピックで戦犯旗の旭日旗使用禁止を要請したのに対して国際オリンピック委員会(IOC)は問題が発生した場合、懸案別に判断する、という曖昧な立場を明らかにして俎上に上がった。

過去に戦争の痛みを体験したベトナムでさえ旭日旗の正確な意味と象徴性を正しく知らないと見られる。

一方、韓国では旭日旗退治キャンペーンを着実に広げているソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大教授が最近、全世界主要メディアに東京オリンピック旭日旗応援許可に関する情報提供メールを発送するなど積極的な運動を実施している。

ソース:スポーツソウル(韓国語)Vリーグ競技場に『戦犯旗』形状の旗…依然として不足な問題意識
http://specificasia.blog.jp/archives/1075788209.html