(イメージです。)
 
1荒波φ ★2019/09/20(金)10:26:58.23ID:CAP_USER.net
「9月19日」は1年前に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が平壌(ピョンヤン)で現政権で当時3度目、歴代5度目の南北首脳会談を行い、9・19平壌共同宣言を発表した日だ。

当時、両首脳は1年前の2017年に4・27板門店(パンムンジョム)宣言を具体化した6カ条、14項目(個別事業的としては16項目)を盛り込んだ宣言に署名した。

リアルメーターがtbsの依頼によりこの日が含まれる期間(2018年9月17~19日)の間、全国の成人男女1505人を対象に調査した結果(信頼水準95%で標本誤差±2.5%ポイント)、当時の文大統領の国政支持率は1週間前の週間集計に比べて6.3%ポイント(p)上がった59.4%を記録したことが分かった。

「国政遂行を誤っている」という否定評価は7.9%p下がった33.8%という集計結果になった。「分からない・無回答」は1.6%p増えた6.8%だった。

当時リアルメーターによる文大統領の支持率は「9・19平壌共同宣言」5日前の14日の日間集計で52.2%を記録した後、平壌南北首脳会談前日の17日に53.0%に上がり、文大統領の平壌到着に続く異例の厚遇が報じられた18日には57.7%へと大幅に上昇した。

金正恩委員長との白頭山(ペクトゥサン)登頂計画が報じられた19日には61.4%に上昇した。これは8月6日(63.2%)以降の日間集計では、最初に60%台を回復したものだった。リアルメーターは当時これについて「平壌南北首脳会談の効果で急反騰した」と分析した。

それからちょうど1年になる19日、リアルメーターがtbsの依頼で実施した9月第3週の平日集計(16~18日)の発表によると、文大統領の国政支持率は前週に比べて3.4%ポイント下落した43.8%(非常に良い26.2%、どちらかというと良い17.6%)を記録した。

文大統領の国政支持率は就任後初めて40%初め~半ばまで下落した。既存の最低値は米朝首脳会談の物別れと粒子状物質問題が浮上した3月第2週調査時の44.9%だった。

「国政遂行を誤っている」という否定評価は3.0%ポイント上昇した53.0%(非常に誤っている41.1%、どちらかというと誤っている11.9%)に就任した後の最高値を記録した。肯定評価との格差が誤差範囲(±2.2%ポイント)外の9.2%ポイントだ。

地域別否定評価は大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)58.8%、ソウル55.9%、大田(テジョン)・世宗(セジョン)・忠清道(チュンチョンド)55.2%、京畿(キョンギ)・仁川(インチョン)53.5%、光州(クァンジュ)・全羅道(チョルラド)29.4%の順だった。

年齢別では60代以上62.4%、50代55.3%、20代52.1%、30代48.8%、40代42.1%だった。

リアルメーターによるとチョ・グク法相任命の余波が秋夕(チュソク、中秋)以降まで続き、文大統領の国政支持率に悪影響を及ぼしているものと分析される。リアルメーターが支持率調査とは別にチョ法相任命の賛否世論を調査した結果、「誤った決定」という回答は55.5%で、「良い決定」という回答は35.3%だった。

2019年09月20日09時23分[中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/805/257805.html?servcode=200&sectcode=200