(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2019/09/18(水)23:04:03.96ID:CAP_USER.net

▲アンケート結果。左から日本、北朝鮮、中国、米国、ロシア

調査会社エリムネッット・ナウエンサーベイは9月9日から9月16日まで自社パネル814人(男性436人、女性378人)を対象に「強大国であなたの選択は?」というアンケート調査を実施した。

「我が国が最も警戒すべき国は?」という質問では「日本(47.79%)」が最も多く続いて「北朝鮮(36.64%)」、「中国(13.02%)」の順だった。男女別では統計的に有意な差を見せた。男性の場合、警戒すべき国として北朝鮮(40.37%)を日本(39.68%)より多く選択した一方、女性の場合には日本(57.14%)を北朝鮮(28.04%)より二倍以上選択し、男女間に明確な差を見せた。

最も警戒すべき国について年齢別で分析した結果10代、30代、40代、50代が日本を最も多く選択した反面、20代、60代以上は北朝鮮をさらに多く選択した。

「我が国が最も信頼できる国は?」という質問に対して「米国(80.59%)」が最も多くの回答を占め、その後に続いて「北朝鮮(8.72%)」、「ロシア(6.51%)」、「中国(2.95%)」、「日本(1.23%)」順だった。

「我が政府が最も優先すべきことは何と考えますか?」という質問に対して「韓米同盟強化(43.12%)」が最も多く、それに続いて「北朝鮮との関係改善(25.55%)」、「日本との関係改善(14.99%)」、「対日経済報復拡大(8.11%)」、「中国との関係改善(6.02%)」、「ロシアとの関係強化(2.21%)」の順だった。

政府が最も優先すべきことの場合、地域別で異なる様相を見せた。首都圏、忠清道、慶尚道、江原および済州の場合、韓米同盟強化が北朝鮮との関係改善より大きい反面、全羅道の場合は北朝鮮との関係改善が韓米同盟強化より多いことが分かった。

質問回答者は全国の10~60代の男性436人、女性378人、合計814人で95%信頼水準と標本誤差は±3.43%ポイントだ。

ソース:ニュースワイヤー(韓国語)<ナウアンドサーベイ質問、最も警戒しなければならない国は日本…最も信頼できる国は米国>
https://www.newswire.co.kr/newsRead.php?no=894144