(イメージです。)

1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/09/16(月)12:19:10.47ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

 韓国の人気グループBIGBANG(ビッグバン)が所属する大手芸能事務所のYGエンターテインメントが来月、約670億ウォン(約61億円)に上る資金の償還を迫られる見通しだ。同社創業者で代表プロデューサーを先ごろ退いた梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)氏の常習賭博疑惑など数々の悪材料が重なり、株価が大幅に下落したことが背景にある。

 金融投資業界の関係者によると、YGは2014年10月に欧州の高級ブランド大手LVMHモネ・ヘネシー・ルイ・ヴィトングループ傘下の投資会社から610億5000万ウォン相当の資金を調達した。同投資会社は、1株当たり4万3574ウォンで普通株式に転換するか、5年後に投資元本に利子を足した約670億ウォンが償還されるオプションを付けたYGの優先株式を取得した。

 しかし、YGの株価は今月11日時点で2万3500ウォンと、普通株式への転換価格の半分近くまで下がっている。そのため、償還を請求される可能性が高い。請求の期限は1カ月後の10月16日。

 YGの株価はBIGBANGの活躍が目覚ましかった16年に6万ウォン台をつけたこともある。その後、メンバーが兵役に就いたりYGが事業多角化へ投資したりして収益性が低下したが、所属するガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)の人気を追い風に昨年末から今年1月初めにかけては4万8000ウォン台に盛り返した。

 ところが同月末、ソウルのクラブで数々の犯罪の疑いが浮上。これに絡み、BIGBANG元メンバーのV.I(本名イ・スンヒョン、3月に引退)が海外投資家への性接待仲介疑惑で捜査対象となったほか、YGが所属男性グループiKON(アイコン)から脱退したB.I(本名キム・ハンビン)の薬物に関連した疑惑を隠蔽(いんぺい)しようとした疑いも明るみになり、YGの株価は再び急落した。

 YGの貨幣性資産と短期金融資産を踏まえると、670億ウォンを償還しても資金繰りが直ちに悪化する可能性は低いとされる。ただ、19年上半期は20億ウォンの営業損失を出すなど業績が悪化しており、保有する現金などが大幅に減れば投資家の不安心理が高まる恐れがある。新事業を推進する場合は新たに資金調達が必要との指摘もある。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190916001300882?section=society-culture/index
聯合ニュース 2019.09.16 11:39


警察から取り調べを受けている梁鉉錫氏(資料写真)=(聯合ニュース)