(イメージです。)

1シャチ ★2019/09/06(金)02:29:17.53ID:CAP_USER.net
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行支持率が2週連続で小幅上昇した。

世論調査専門機関リアルメーターがtbsの依頼で2日から4日までの3日間、全国有権者1502人を対象に大統領国政遂行評価を調査した結果、肯定的な評価は前週比1.3ポイント上昇した47.8%(非常に良い27.8%、良い20.0%)となった。

否定的な評価は1.9ポイント低下した48.3%(非常に良くない36.9%、良くない11.4%)だった。分からない・無回答は0.6ポイント増えた3.9%。

文大統領の日別支持率はチョ・グク法務部長官候補の記者懇談会の影響で2日に47.4%から48.7%まで上がり、3日に48.8%まで上昇した。その後、検察の2回目の家宅捜索直後は47.3%と1.5%落ちた。

地域別には釜山・蔚山・慶南(肯定的47.3%)、大田・世宗・忠清(45.4%)、ソウル(46.6%)の順に上昇幅が大きかった。年齢別には60代以上(39.9%)、20代(45.1%)、50代(46.3%)、30代(60.1%)の順に大きく上昇した。

一方、京義・仁川(肯定的49.1%)、光州・全羅(66.3%)でそれぞれ3.4ポイント、1.3ポイント落ちた。特に40代(肯定的52.5%)では肯定的評価の比率が9.4ポイントも下落した。

政党支持率も似ていた。与党・共に民主党の支持率は前週比0.4ポイント上昇した39.8%で40%に迫った。

一方、自由韓国党の支持率は0.6ポイント落ちた28.5%となった。次いで正義党(7.4%)、正しい未来党(5.1%)、ウリ共和党(1.5%)、民主平和党(1.1%)の順となった。

今回の調査の標本誤差は95%の信頼水準で±2.5ポイント。回答率は5.8%。詳細事項はリアルメーターや中央選挙世論調査審議委員会ホームページで確認できる。

中央日報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000035-cnippou-kr