(イメージです。)
 
1鴉 ★2019/09/01(日)16:32:15.39ID:CAP_USER.net
海外国籍を放棄し、大韓民国空軍に志願入隊した本物の男が注目を集めている。

主人公はイテグン(22)下士とバクジェウォン(21)下士だ。

29日に晋州の空軍教育司令部で行われた「第234期空軍下士官候補生任官式」で11週間の高強度軍事訓練を終えて堂々と下賜の階級章をつけた。

イテグン軍曹は、大韓民国の領空を守護する軍人になるために日本国籍を放棄した。

韓国人の父と日本人の母の間に生まれたが下士は、韓国と日本、二つの国籍を同時に持っていた。

本人の選択に応じて、日本の国籍を選択した場合、兵役を免除することもあったが、この下士は、日本国籍を放棄して、空軍兵787機昨年入隊した。

一般兵士として、誠実に勤務していた空軍下士官の専門性に魅力を感じ、第234期副士官候補生に志願した。

バクジェウォン軍曹は家族に沿って、カンボジアで13年間居住し子供の頃を過ごした。

彼も、カンボジア国籍取得が可能となり、軍服務免除を受けることができました。

パク軍曹も大韓民国空軍の道を選択した。

これらの選択には、家族の心強い応援が大きな力になったと伝えられた。

一方、この日の任官式では、全284人の新任副士官が下賜の階級章をつけた。彼らは去る6月に入所して基本的な軍事訓練団で11週間の高強度の基本軍事訓練を受けた。

新任副士官は、本人の希望、資格、専攻、適性検査などに応じて、軍事技術を与えられて、将来空軍の核心人材として様々な分野で重要な役割を担うことになる。

チェグンヨウン(所長・工事33期)の教育司令官は、「空軍副士官は、組織を支える礎として先進的な戦闘機と精密兵器システムなどを直接整備し、運用する最高の専門家」とし「今後、祖国の領空守護の最高の使命を果たす真の軍人に成長してほしい」と要請した。

イムミョンジン記者sunpower@gnnews.co.kr

慶南日報:韓国軍
http://www.gnnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=420797

写真