(イメージです。)

1Ttongsulian ★2019/08/24(土)22:44:19.98ID:CAP_USER.net
日本の経済報復措置に韓国政府が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA・ジーソミア)を延長しないことを決定して両国の葛藤が激化する中、市民団体たちが安倍晋三総理を糾弾するロウソク文化祭を開いた。

民主労総や正義記憶連帯など700余りの団体で構成された『安倍糾弾市民行動』は24日午後、ソウル光化門広場で第6次ロウソク文化祭を開いて、韓国政府のジーソミア終了決定を歓迎すると明らかにした。

このロウソク文化祭は約1週間の間隔で開かれており、今回が6回目だ。

『平和と統一を開く人々』所属のキム・ガンヨン氏は「ジーソミアは韓米軍事同盟を構築して北朝鮮・中国・ロシアと対決するために朴槿惠政権が拙速に締結した協定」としながら「北東アジアと朝鮮半島の冷戦体制、南北の対決分断を固着させた協定」と批判した。

続いて「ジーソミアはそもそも締結されてはならない協定であり、締結されても即刻廃棄されなければならなかった」と「今からでも政府が終了を宣言したことを歓迎して、再延長されないように防ごう」と付け加えた。

チェ・ペグン建国大教授は「韓国は米中間の戦争の中で並びを強要されている」として「韓米日同盟の中で韓国は中国と敵になるしかない」と話した。

チェ教授は続いて「今回のジーソミア終了は韓国が韓米日軍事同盟と米・中戦争から抜け出すことができる口実を安倍が提供してくれたものだ」と強調した。

パク・ソクウン韓国進歩連帯共同代表は「遂にジーソミアが破棄された。これも皆が広場で精誠を集めた10万ロウソク市民の力のお陰」と話した。

パク共同代表は「安倍政権が繰り返し韓国政府を無視して辱める理由は、日本を戦争可能な国に改憲するための事」としながら「日本の平和市民たちと連帯して軍国主義復活を夢見る安倍政権を阻止しなければならない」と主張した。

前日にSNSで議論になった『弘益大日本人女性暴行』動画事件と関連して、罪も無い日本市民に八つ当たりしてはならないという指摘も出た。

パク共同代表は「日本市民たちに不当に害を与えようとする者を積極的に止めて、日本市民たちを保護しよう」と頼んだ。

主催側はこの日の文化祭に5千人余りが出席したものと推算した。参加者たちは紙コップに挿入したロウソクと共に『NO安倍』と書かれたプラカードを挙げた。幼い子どもと一緒に手を取り合って、家族単位で文化祭に参加した市民たちも見られた。

自分を日本人と明らかにしたある男性は光化門広場で「日本にも韓日友好を祈る多くの市民がいる」という立て看板を置いて、通行人たちとフリーハグをしたりもした。

集会参加者たちは「ロウソクが勝つ」、「最後まで行く」、「安倍は謝罪せよ」などのスローガンを叫んだ。

彼らはロウソク文化祭を終えて日本大使館と朝鮮日報社屋、市庁前まで行進する予定だ。

『ジーソミア終了歓迎』…光化門広場で安倍糾弾ロウソク文化祭
2019-08-24 21:04
https://www.yna.co.kr/view/AKR20190824052900004