ケーキ 

1
:2014/02/24(月) 01:08:35.28 ID:
【ソウル聯合ニュース】
 ロールケーキ「堂島ロール」で知られる洋菓子製造・販売の「モンシェール」(大阪市)は21日、人気ショップが立ち並ぶソウル・新沙洞の街路樹通り(カロスキル)近くにカフェ併設店舗「サロン・ド・モンシュシュ カロスキル本店」をオープンした。

 同社は昨年8月にソウルの現代百貨店狎鴎亭本店と新世界百貨店江南店に出店し、高い人気を集めている。

 店内では「堂島ロール」(1万8000ウォン=約1700円)をはじめ、各種カットケーキやプリン、焼き菓子などを販売。20席のカフェではメニューにアフタヌーンティーセットやサンドイッチなども取りそろえる。

 同社のカフェ併設店としては大阪・心斎橋と名古屋に続く3店目。店内のシャンデリアや壁紙、食器などは全て日本の店と同じものを使っており、華やかな雰囲気の中で多様なメニューを楽しめる。

 韓国の伝統菓子、花餅(ファジョン)をイメージし、生地の表面に鮮やかな花が散りばめられているロールケーキ「ハナロール」は韓国だけの限定発売。

 20日行われたオープン記念のレセプションで同社の金美花社長は、「堂島ロールのみならず多様な洋菓子を提供する『総合パティスリー』を目指す」と説明した。金社長の双子の妹、金春花専務は韓国と日本の関係悪化が懸念される中での出店に、「スイーツで両国の橋渡しをしたい。両国の感性が分かる在日韓国人として力を尽くしたい」と語った。

 営業時間は午前10時から午後10時まで。年中無休。地下鉄3号線・狎鴎亭駅徒歩約10分、新沙駅徒歩約12分。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/02/21/0200000000AJP20140221000100882.HTML