(イメージです。)

1荒波φ ★2019/08/19(月)18:56:32.19ID:CAP_USER.net
※元記事(韓国語)
https://www.insight.co.kr/news/242120?552




韓国のウォン紙幣に書かれている韓国の偉人の絵を描いた人物が親日家だったと発覚し韓国が混乱に陥っている。韓国では5000ウォン、1万ウォン、5万ウォンが存在するが、その全ての絵を親日画家の作品だと分かった。

世宗(セジョン)大王、申師任堂(シン・サイムダン)など紙幤に刻まれた偉人たちの絵が親日画家が描いた作品だと発覚。

この紙幣の作品を描いたのは“張遇聖(チャン・ウソン)画伯”だ。彼は日帝末期、日本皇軍入隊を奨励する作品を作って「親日人名辞典」に登録されている人物だ。

チャン・ウソン画伯は、李舜臣(イ・スンシン)将軍の顔と紙幣に入る上の絵など遺影の写真を生前に多く残した。

そして彼が亡くなった現在、政府は張画伯の子孫に使用料を支給している状況。

画伯をはじめ、政府は標準肖像画99点のうち、親日行跡が問題となった画家の作品14点を書いている。

朴槿恵(パク・クネ)政権時代の標準肖像画について再審議する機会があったが、法的根拠が足りないとしこれを拒否していた。

具体的に韓国銀行は5万ウォン札の申師任堂(シン・サイムダン)肖像画を使用した見返りとして、親日画家の子孫たちに1千2百万ウォンを支給したという。

一方、昨年、国会は、親日派の標準肖像画を指定撤回しかねない法案を発議し、李舜臣(イ・スンシン)将軍の子孫らもこれに対して請願を掲載した。

現在の韓国の状況からして親日画家が描いた紙幣を全てなくし、新たな紙幣に変えそうな勢いである。

そもそも親日人名辞典なるものが存在するのが恐ろしい。

2019/08/19 18:38:31
https://gogotsu.com/archives/53345