(イメージです。)

1::2019/08/18(日)15:54:17.19ID:pgFmIhZw0●.net

【現地レポート】近頃テレビでよく見る韓国のデモは、「反日ではない」!? 背景を紐解く 
https://news.yahoo.co.jp/byline/yoshizakieijinho/20190815-00138262/
↓抜粋

(前略)
今回の核心部分は日本の一部でも報じられている通り、これが「反日デモ」とは示されていないという話だ。

デモは中後列になると、人の密度も緩やかになり、中に入って話が聞ける。「日本から来たんですけど」と切り出し、幾人かに話を聞いた。50代と思しき男性はまずこう切り出した。

「まずは日本から来てくれて、ありがとう。感謝します」

そう言い、「徴用工問題」などでの主張を続けた。

「帝国主義と戦う=『日帝』と戦う=このことにより民族がまとまる」

という考え方だ。左寄りの民族主義ということ。

この立場からすると、「帝国主義日本」の復活の兆しに強い警戒を見せる。改憲などの動きだ。つまりこれが「反安倍」の根底にある。今の日本の一般市民が許せないのではなく、帝国主義日本の復活が許せないのだ。

加えて、左派の立場から守るべき労働者たる徴用工の問題について、日本の安倍晋三首相が「1965年の日韓基本条約で解決済み」と一蹴する点も(あくまで韓国側の意見からすると)許しがたいこと。そういう考えになる(ここのところを書き始めると長くなる)。

(後略)

続きソースで