(イメージです。)

1蚯蚓φ ★2019/08/17(土)22:16:12.89ID:CAP_USER.net
▲大韓民国特殊任務有功者会が17日、ソウル鍾路区旧日本大使館前で平和を念願する喪輿(遺体をのせて墓地まで運ぶおみこし)行列を進行している。

「まだ抗日闘争は終わっていない!」「私たちが安重根(アン・ジュングン)だ!」

光復節後、初の週末の17日、特殊軍服を着て集まった約400人余りの特殊任務有功者会員たちが日本大使館前に立って糾弾発言と慰霊祭を行った。アベ政府の貿易報復措置後、連日開かれている糾弾集会の延長線上だ。

同会はこの日午後、ソウル鍾路区(チョンノグ)旧日本大使館前で集会を開いて安倍晋三日本総理の経済報復を強力糾弾した。同会は「アベ政権の一方的な貿易報復措置は現代版壬辰倭乱も同然だ。日本帝国主義、軍国主義者などは地球から出ていけ」と叫んだ。

同会イ・ジョンヨル会長は声明書朗読を通じて「安重根義士の後えいである特殊任務者などが軍国主義復活を狙う勢力に対抗して第2の独立運動に突入するだろう。強制徴用賠償をして慰安婦犠牲者らの怨みの霊の前にひざまずいて謝罪せよ」と明らかにした。

また「日本極右勢力は過去数世紀の間、韓半島を飲み込もうとする野心に燃えている。アベ総理は過去、朝鮮を侵略して植民地にしたように、21世紀に再び『経済侵略』を通じて大韓民国の自主権を侵奪している」と話した。

イ会長の発言が終わるとすぐに会員たちは「帝国主義復活野心満々に韓半島や国際秩序を脅かすアベ政権を打倒しよう!」「先祖がA級戦犯のアベはグローバル戦犯、軍国主義たくらむアベ政権を打倒しよう!」等のスローガンを叫んで呼応した。

有功者会は糾弾発言を終えた後、慰安婦慰霊祭を行った。彼らは慰安婦犠牲者らを象徴する韓国舞踊公演を行い、大型全紙に筆文字で「私たちがアン・ジュングンだ!」と書くパフォーマンスを公開、風物団も登場して多様な公演を披露した。慰霊祭を終えた後には平和念願喪輿行進も継続した。

彼らは「日本はYES!アベはNO!」と書かれた垂れ幕を掲げた喪輿を持って曹渓寺(チョゲサ)の外側を回って鍾路区庁を経て、光化門(クァンファムン)前まで戻ってくる経路で行進行した。

ソース:ニューシス(韓国語)<"私たちがアン・ジュングンだ"…特殊任務有功者会も日糾弾>
http://www.newsis.com/view/?id=NISX20190817_0000743143