(イメージです。)
 
1ガラケー記者 ★2019/08/16(金)12:08:55.98ID:CAP_USER.net
日本との対立が激化している韓国の観光客が中国に「抗日旅行」に訪れていることについて、中国メディアの観察者網は15日、中国のネットユーザーの反応を紹介する記事を掲載した。

記事はまず、「ミス・コリアの7人が日本での大会参加をボイコットしたことに続き、韓国人は日本旅行をボイコット。そして、“抗日旅行”に夢中になり始めた」と評した。

報道によると、韓国では現在、上海にある大韓民国臨時政府の旧跡を巡るツアーがにわかに人気になっており、そうした「抗日スポット」を「聖地」と位置付けた「巡礼の旅」が行われているというのだ。

15日は日本からの独立を祝う「光復節」74周年とあって、前日の14日午後には、上海の大韓民国臨時政府旧跡前で大勢の韓国人ツアー客らが「大韓民国、頑張れ!」の掛け声と共に記念撮影に臨んでいたという。

こうした状況を中国のネットユーザーはどう見ているのか。記事は、「多くの韓国人が上海に“聖地巡礼”に来ていることは、中国のネットユーザーを驚かせている。そして、中には韓国人観光客のごみ分別問題を危惧する人もいる」と伝えた。上海では今年7月から「史上最も厳しい」と言われるごみ分別ルールが施行されている。

実際に寄せられたコメントには、

「韓国人が上海で愛国主義教育を受ける?」
「いったいどういうロジックなんだ?」

という声や、

「上海が最大の勝利者だな」
「良いことだ。たくさん来てくれ」
「重慶にも(臨時政府跡地が)もう一つあるのでどうぞ」

という声が並んだ。

また、

「中韓友好は日本次第、ということだな」
「韓国は私たちまで泥沼に巻き込むつもりなのか」
「まずはTHAAD(高高度防衛ミサイル)を撤去しなさい」
「彼らがごみをポイ捨てしないことを願う」

などの声も上がっている。

Record china
2019年8月16日(金) 11時20分
https://www.recordchina.co.jp/b737468-s0-c30-d0052.html