(イメージです。)
 
1シャチ ★2019/08/17(土)14:07:10.53ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

韓国産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官は16日、「ホワイト国(輸出管理の優遇対象国)」から日本を除外する「戦略物資輸出入公示」改正案の告示前に、日本側に事前通知しており、必要なら追加の説明や協議など日本が望む方式で行うとフェイスブックに投稿した。

同部は14日に同改正案を告示し、20日間、同改正案に対する意見を受け付けると発表した。

産業通商資源部関係者は「すでに1回説明をしたが、日本の経済産業省が電子メールで制度変更に対する具体的な理由と根拠を教えてほしいとの要請があった。これに対し、詳しい内容はリンクした改正案を参照するよう伝え、韓日当局間で直接会って実務協議を行うことができることを改めて示唆したもの」と説明した。

 成長官は12日に「戦略物資輸出入公示」改正案を発表する際に、日本が対話を望むなら応じる用意があるとの立場を示している。

 今回はインターネットや交流サイト(SNS)を通じ、ホワイト国から日本を除外した措置の正当性を強調する一方、改めて日本側に当局者間で協議する意向があることを示したものと受け止められる。

ソース 聯合ニュース
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190817000300882?section=news