(イメージです。)

1ガラケー記者 ★2019/08/15(木)17:30:51.47ID:CAP_USER.net
2019年8月15日、韓国・世界日報によると、愛知県内で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で展示が中止された元慰安婦を象徴する少女像をスペインの映画製作者が購入した。

記事によると、少女像を購入したのはカタルーニャ地方で主に活動する映画製作者でジャーナリストのタチョ・ベネト氏。ベネト氏は来年バルセロナに設立する「自由美術館」に少女像を展示する考えという。

この少女像は韓国人作家による作品で、2015年に日本の市民らに預けられたもの。ソウルの日本大使館前にある少女像と同じデザインで、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に展示されていたが、「市民から脅迫を含め、抗議が相次いだ」との理由で中止されていた。

ベネト氏は少女像以外にも、中国の有名な反体制芸術家アイ・ウェイウェイ氏がレゴブロックで作った作品や、米国の画家イルマ・ゴア氏が描いたトランプ大統領の人物画など「芸術に対する検閲に抵抗する作品」を多数購入しているという。

この記事に韓国のネットユーザーからは

「ありがとう。涙が出る。少女像も韓国も頑張ろう」
「スペインで多くの人に愛されてね」
「少女像、慰安婦問題が世界に広まってほしい」

など喜ぶ声が続々と上がっている。

また日本に対して

「世界は変わった。日本がいくら統制して隠そうとしても無駄」
「日本は民主主義国じゃない。国民の基本権と自由が国に抑圧されている」

などと指摘する声も。

その他

「お金を受け取る必要あった?寄贈してほしかった」
「慰安婦をめぐる日韓の争いはいつまで続くのか。もううんざり」

との声も見られた。

Record china
2019年8月15日(木) 17時20分
https://www.recordchina.co.jp/b737277-s0-c30-d0058.html