(イメージです。)
 
1荒波φ ★2019/08/09(金)11:43:38.69ID:CAP_USER.net
韓国のサムスン電子が液晶パネルの供給を止められたとして、シャープなどを3社に損害賠償を求めていた仲裁で、サムスン側の請求が棄却されたことが8日分かった。

サムスンは2016年12月に4億2900万ドル(456億円)の損害賠償を求め、国際商業会議所(ICC、本部パリ)の米ニューヨーク州にある事務所に仲裁を申し立てていた。

賠償請求されていたのはシャープと、親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下の液晶パネル製造会社である堺ディスプレイプロダクト(SDP、堺市)、取引を仲介した黒田電気の3社。7月18日にサムスン側の賠償請求を棄却する仲裁判断が示された。

SDPが生産したテレビ用液晶パネルを黒田電気を介してサムスンに供給していたが、シャープ向けに能力を振り向けるため、2016年末頃に出荷を止めていた。

2019/8/8 18:22日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48376780Y9A800C1TJ2000/