(イメージです。)
 
1荒波φ ★2019/07/27(土)09:09:09.66ID:CAP_USER.net[1/2]
■ユベントス・チームKリーグ親善試合
■全国から集まった6万5000人激怒

26日、ソウル・ワールドカップ・スタジアムで行われた「チームKリーグ」とユベントスの親善試合(3-3の引き分け)。観客6万5000人は後半25分から「ロナウド」と叫び始めた。

ユベントスのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド(34)=ポルトガル=がピッチで華麗なプレーやファンサービスを披露したからではない。「ロナウドの試合」と伝えられていた親善試合にロナウドが出なかったからだ。

韓国プロサッカー連盟と大会主催企業「ザ・フェスタ」は当初、今回の親善試合の契約に「ロナウドが45分以上出場すること」という条項が入っていたと明らかにしていた。ところが、試合が終わるまでピッチにロナウドの汗がしたたり落ちるのを見ることはできなかった。

ロナウドは24日のインテル・ミラノ戦にフルタイムで出場したものの、この26日の試合には契約条項通り45分間出場すると期待された。だが、とうとうピッチに立つことはなかった。

前半はロナウドがカメラで映されるたび、国内のファンたちは地鳴りのような歓声で愛情をアピールした。しかし、後半開始以降もロナウドがベンチにとどまっていると、ムードは一変した。ロナウドが電光掲示板のスクリーンに映し出されるたびに揶揄(やゆ)する声が上がった。

そして、試合終盤になると一部の観客はロナウドに対する反感から、ライバル選手メッシの名前を連呼した。

試合が終わる前に席を立つファンも多かった。ロナウドを近くで見るために25万-40万ウォン(約2万3000-3万7000円)を払って、プレミアム・ゾーンのチケットを購入したファンたちは怒って当然だった。

今回のイベントでの招待費用として40億ウォン(約3億6700万円)=推定=を手にしたユベントスは、ロナウド欠場の違約金を支払うという。この日完売したチケットの価格を合計すると約65億ウォン(約5億9500万円)に達する。

午後8時に予定されていたキックオフが1時間も遅れるという一幕もあった。スタジアムを埋め尽くしたファンたちは、空っぽのピッチを眺めながら選手を待っていた。ユベントスの選手たちを乗せて中国から出発した飛行機が台風のため約1時間30分延着したことから、主催会社が予定されていたスケジュールを強行したのだ。

トップクラスの選手たちに対してアマチュアレベルのイベント運営をしたということだ。

2019/07/27 08:06
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/27/2019072780002.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/27/2019072780002_2.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/27/2019072780002_3.html