(イメージです。)

1動物園φ ★2019/07/23(火)10:47:11.95ID:CAP_USER.net
2019.07.23

韓国半導体業界が長引く不況で悩みも深まっている。日本発の輸出規制が長期化して生産に支障まで生じたら不況がさらに深まりかねず、サムスン電子とSKハイニックスは非常経営体制に入った状態だ。

22日、関税庁は1~20日の半導体の輸出額が44億8700万ドルで前年同期に比べて30.2%減少したと発表した。

この期間全体の輸出額(282億9700万ドル)の前年同期比減少率が13.6%であることを勘案すれば、半導体輸出の減少が韓国の輸出不振につながったという分析が提起される。今月の月間の輸出が2016年1月(-19.6%)以来の大幅減少になるという懸念も出ている。20日までに最大の輸出国である中国への輸出も19.3%減少した。

今回の半導体輸出急減は、昨年末から本格化した半導体価格の下落の影響が大きい。 中略

更に、日本発の輸出規制による不確実性が大きくなった。(中略)

半導体業界の関係者は「今月4日に注文した規制品目の許可期間(90日)の10月1日までに供給がないと、いくら国産化をしても必要量は満たせず、生産が困難が生じる。 この場合、韓国の半導体のみ業況反発効果を享受できないだろう」と憂慮した。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=020&aid=0003230702&date=20190723&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=101