(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/07/20(土)00:22:41.44ID:CAP_USER.net
日本政府が韓国に対して半導体材料であるフッ化水素などを輸出規制(ホワイトリストから除外)したことにより、韓国民は日本製品の不買運動を起こしている。個人での不買運動のみならず小売店協会が仕入れを拒否して店頭に日本製品を置かないように徹底している。

そればかりか学校が主導して日本製品の不買運動を行ったりと反強制的に不買運動が行われている。中には不買運動に批判的な人もおり「日本製品を使いたい」「日本製品くらい自由に使わせろ」という声も挙がっている。

そんな中、日本製品を紹介するサイトが韓国で話題になっている。その名も「ノノジャパン」だ。どの製品が日本製品かを紹介し、またその製品の代替製品を紹介するというウェブサイト。

18日の朝7時にはアクセスが集中しサーバーがダウンしてしまうほどの人気になった。現在登録されている日本製品は約60個でサイト利用者であればユーザー登録なしで誰でも製品を登録することが可能。ただ即時追加登録されるわけでなく、運営者が検証したのちに掲載されるようだ。

登録されている製品や企業名の一部を紹介すると「ヤマハ」「シマノ」「ワコール」「ソニー」「プレイステーション」「ミニストップ」「オーディオテクニカ」「リンナイ」「アシックス」「ミズノ」「GU」「東横inn」「CIAOちゅーる」「ギャツビー」「公文」「無印良品」「資生堂」などだ。現在日本企業であるロッテはリストに挙がっていない。

また公開当初は企業ロゴが使用されていたが権利関係問題でロゴは全て削除された。

ユーザーの反応は

「日本製品かどうか判断がつかない場合が多かったが、検索を介して簡単に調べることができてとても良い」、
「誰が開発したのか本当に便利」、
「意外に日本製品であることを知らなかったのが多い。今後も確認しながら消費する」、
「とても全部不買できない」、
「韓国製品だと思ってたほとんどが日本製品だった」

と言う意見が挙がっている。

https://gogotsu.com/archives/52420
2019/07/18 12:05