(イメージです。)
 
1親日下半身@シコリアン★2019/07/19(金)22:05:45.10ID:CAP_USER.net
「買わない」、「売らない」そして「行かない」まで。 日本に向けた不買運動が広がる速度が尋常でない。独島(竹島)や慰安婦問題が浮上した時も、消費者の不買運動は起きてはいました。 しかし、今回は少し状況が違うようです。

損害があっても売らないという路地商人たち、また日本のビールは自然に手がかからないという市民たち。売る人と買う人は、すべて以心伝心的な姿です。さらに、日本旅行は、いくつかの大規模な旅行会社で半分以下に落ち込んました。かつてないことです。 会員数130万人を超える日本の旅行コミュニティも、17日から活動を中断しました。

「長い休眠状態に入るかと思います」

国内最大の日本の旅行コミュニティに掲載された文です。

会員数133万人を超えるところなのに、しばらく門を閉めるということです。日本不買運動を支持するためです。

国立釜山科学館は、中学生30人が参加する日本科学探求の旅をキャンセルしました。夏休みに入ったが、旅行代理店を通じた日本の旅行の予約は半分以上減りました。

国内最大の旅行代理店の場合、1日平均の予約が1100人でした。しかし、不買運動が始まると、一週間で600人に減り、今週に入ってから500人に減少しました。

[ツアー関係者:8月の予約の場合は、前年同期比で約50%程減少した状況です。]

片道3~4万ウォン台の格安航空券も人気が以前と同じでありません。

ホームショッピングでも先週から日本の旅行商品が姿を消しました。昨年、日本を訪れた韓国人は約750万人、中国人に次いで2番目に多いのです。日本に行かないという旅行拒否運動が長期化なら日本地域経済に影響を与えると思われます。

JTBC 韓国語
http://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB11851630