(イメージです。)
 
1動物園φ ★2019/07/17(水)14:14:05.27ID:CAP_USER.net
韓国の未就業青年154万人で12年ぶり最多…就職放棄者58万人、求職青年の3倍
2019年07月17日10時43分
[? 中央日報/中央日報日本語版]


統計庁が16日に発表した「2019年5月の経済活動人口調査青年層付加調査結果」によると、5月基準で卒業後に未就業状態である15~29歳の青年層は154万1000人となった。昨年より5万4000人増加した数値だ。2007年に関連統計の発表を始めてから最多だ。

このうち何の活動もしていない青年が21.6%だった。1年前より2.1ポイント増えた。余暇活動などで時間を過ごす青年まで合わせれば58万1000人(37.8%)で前年より約3万7000人増加した。「求職活動」をする青年20万人の3倍に迫る数値だ。これに対し求職活動をする青年の割合は13%で前年より2.4ポイント減った。高くなる就職の敷居のために仕事を探すよりは就職そのものをあきらめる青年が増えたと分析される。

中央大学社会学科のイ・ビョンフン教授は、「青年らが繰り返し挫折することになればはなから非経済活動人口に抜け出す場合がある。こうした傾向が定着すれば韓国社会でニート(教育・職業訓練を受けず就職もしない青年)が増え続けかねない」と懸念する。

未就業期間を見ると1年未満が86万1000人で全体の55.9%を占めた。1年前より1.1ポイント下落した。これに対し1年以上は68万人で1.1ポイント上がった44.1%となった。特に3年以上の長期未就業者の割合は16.9%(26万人)で、1.6ポイント上昇した。韓国労働研究院のアン・ジュヨプ選任研究委員は「就職の確率が極めて低い状況で仕事を探すより親の助けで生活している可能性がある」と分析した。

5月基準で卒業・中退後に賃金労働者として初めての職場に就職した青年層の平均就職準備期間は10.8カ月だった。昨年は10.7カ月だったが今年は0.1カ月増えたのだ。初めての就職のため1年以上準備する青年層は27.7%で、このうち3年以上準備する青年も9.5%だった。

やっとのことで就職しても5人中4人の79.5%は月平均200万ウォン(約18万3260円)ももらえないと調査された。初めての職場に就職した時の賃金は「150万~200万ウォン未満」が34.1%で最も多かった。次いで「100万~150万ウォン未満」が27.7%、「200万~300万ウォン未満」が18.1%、「50万~100万ウォン未満」が12.5%、「50万ウォン未満」が5.1%だ。

そのため最初の職場での勤続期間は1年5.3カ月と短い方だ。1年前より0.6カ月減少した。最初の職場を辞めた理由としては、報酬や労働時間など「労働条件への不満」が49.7%で最も多かった。健康・育児・結婚など「個人的・家庭的理由」は14.5%、「臨時・季節的な仕事の完了や契約期間の終了」は12.3%だった。

一方、就職試験を準備する青年は71万4000人で2006年に関連統計作成を始めてから今年が最も多かった。安定的な雇用が好まれるため就職試験準備分野のうち一般職公務員が30.7%で最も多かった。次いで技能分野資格とその他が24.8%、一般企業が23.7%、報道機関・公営企業が9.9%の順だった。

https://japanese.joins.com/article/620/255620.html?servcode=300&sectcode=300