アジア大会2014 
(イメージです。)


1
:2014/10/02(木) 19:54:37.84 ID:
仁川アジア大会の男子バドミントンで金メダルを取った中国の林丹が「ありがとう、仁川」と発言したことについて、韓国メディアが「組織委員会に対する皮肉だ」と指摘している。1日付で捜狐体育が伝えた。

林丹は金メダルを取った試合後の記者会見で、「今大会は特別な戦いとなった。これまでの選手生活で今回のような風向き問題を経験したのは初めて。ありがとう、韓国。ありがとう、仁川」と発言した。韓国MK sportsはこれについて、「組織委員会に対する皮肉だ」と指摘している。

会見では林丹の発言が終わると、中国記者団からどっと笑い声が起きた。通訳は林丹の言葉をそのまま英語と韓国語に訳した。韓国のネット上でも林丹の発言を批判する声が相次ぐ一方、真摯に批判を受け止めるべきだと自省を求める声も多く上がっている。

(編集翻訳 小豆沢紀子)
ソース:XINHUA 2014年10月02日
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/396942/