(イメージです。)

1荒波φ ★2019/06/26(水)11:00:09.71ID:CAP_USER.net
韓国大統領府関係者が「大阪での主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)時、韓日首脳会談は行われないだろう。我々は会う準備ができているが、日本は準備ができていないようだ」と語った。

これより前、日本の安倍首相は韓日会談の可能性について「主催国議長なので二カ国会談の日程が詰まっている」と話していた。15カ国以上の首脳と会談をしながら、最も近い隣国の首脳に会う時間はないという。

つまり「会うのが嫌だ」ということだ。常に浮き沈みを繰り返してきた韓日関係だが、これほどひどくなったことはなかった。

韓日関係は今、外交・安保・経済どこを見ても順調なところがない。強制徴用被害者賠償判決、慰安婦財団解散、自衛隊哨戒機問題などが相次ぎ、深まるだけ深まった感情の溝は今、隠しきれない状況に至ろうとしている。

問題は、今よりももっとひどくなる恐れがあると言うことだ。

韓国側が先週、提案した強制徴用賠償解決案を日本は1時間足らずで一蹴(いっしゅう)した。昨年末、初めて取りざたされた時は日本も前向きに検討していた案なのに、大統領府が「発想自体が非常識だ」とバッサリ切った。

それをG20サミット直前に再び持ち出したため、今度は日本が拒否した。

米国務省韓国課長はきのう、「率直に言って韓日関係が良くなければ、我々は北朝鮮との交渉で成功できないだろう」と述べた。口先だけの言葉ではない。

それでも韓国外交部(省に相当)は国会に報告した北朝鮮の核問題解決策で「中国・ロシアと緊密なコミュニケーションを取り続ける」と日本だけを外した。

しかも、日本が「G20サミット時の二国間首脳会談の日程が詰まっている」と言うと、大統領府も「我々もそうだ」と言い返した。国益のための外交の場は感情的な争いをする場ではない。


2019/06/26 08:49
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/26/2019062680004.html