(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/06/24(月)15:15:34.95ID:CAP_USER.net


 米軍の代表的な歩兵訓練基地、ジョージア州フォート・ベニングの国立歩兵博物館に行くと、韓国の老兵の声を聞くことができる。6・25戦争(朝鮮戦争)の英雄、ペク・ソンヨプ予備役陸軍大将の肉声だ。米軍は2009年、博物館オープンを前にペク・ソンヨプ将軍をフォート・ベニングに招き、6・25戦争に関するリアルな証言を録取した。歩兵博物館財団の会長自ら長文の書簡を送って「歴史的な戦闘経験を共有してほしい」と要請し、実現した。博物館は、この録音を永久保存するという。

 米軍は、ペク・ソンヨプ将軍を「生ける伝説」かつ「韓米同盟の象徴」としてもてなした。6・25戦争当時、米軍と共に最後の戦線を守り抜いたペク・ソンヨプ将軍を、米軍は「唯一信頼できる韓国軍将校」「最良の野戦指揮官」と評した。在韓米軍は昨年、白寿を迎えたペク・ソンヨプ将軍のためのパーティーを開いた。その席で軍人出身のハリー・ハリス駐韓米国大使は、膝を突いて老兵の両手を取った。将軍に対する米軍の敬意を象徴的に示す場面だった。

 韓国のこんにちをあらしめたこの英雄は、肝心の韓国では、暇さえあれば中傷と罵倒の対象になっている。左派勢力は、ペク・ソンヨプ将軍が日本統治時代に満州軍官学校を卒業し、間島特設隊で服務したことだけを取り上げ、「独立軍討伐の親日派」とののしる。ペク・ソンヨプ将軍は回顧録で「当時は中共八路軍と戦い、独立軍は姿も見えなかった」と記しているが、左派はこうした釈明を無視している。親日真相調査委はペク・ソンヨプ将軍の名前を親日リストに載せ、2012年に民主統合党(現在の『共に民主党』)青年比例代表は、ペク将軍を「民族の反逆者」と呼んだ。

 現政権になって、陸軍士官学校が、6・25戦争当時のペク・ソンヨプ将軍の活躍を描いたウェブ漫画をホームページから削除するという事件があった。そうして最近、野党代表がペク・ソンヨプ将軍を訪ねたことをきっかけに、将軍をおとしめる動きが本格化した。ヨルリン・ウリ党(盧武鉉〈ノ・ムヒョン〉政権時代の与党。前出の民主統合党を経て現在は『共に民主党』)時代に「北朝鮮のミサイルは米軍基地攻撃用にすぎない」と弁護していた光復会長は、連日「ペク・ソンヨプは徹底した土着倭寇」だと騒ぎ立て、与党議員は「(上海で日本の要人を暗殺した)尹奉吉(ユン・ボンギル)が痛憤するであろうこと」と口を挟んだ。金日成勲章を授与された金元鳳(キム・ウォンボン)を「国軍のルーツ」であるかのごとく持ち上げる大統領の演説をまた聞いているような気分だ。

 今から数年前、在郷軍人会の会長は「日本統治時代に生まれて教育を受け、日本の体制で勤務したことを理由にするのであれば、将軍に向かって石を投げる資格のある人間は何人いるだろうか」と語った。6・25で韓国に銃口を向けた人間を称賛し、「私が退いたら私を撃て」と言って先鋒(せんぽう)に立った護国の英雄は非難する。逆さまになった意識が嘆かわしい。

イム・ミンヒョク論説委員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/24/2019062480078.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/06/24 11:01
 
=管理人補足=
白 善燁(日本語読み;はく・ぜんよう、朝鮮語読み;ペク・ソニョプ、백선엽、1920年11月23日- )
韓国の軍人、外交官、政治家、実業家。弟は軍人、教育者の白仁燁。本貫は水原白氏。号は愚村(ウチョン、우촌)。

日韓併合解消後の韓国で同陸軍の創設に参加して、朝鮮戦争では常に第一線で戦った[1]。共同作戦を行うアメリカ軍からは「ホワイティ(Whity)」の愛称で呼ばれた。韓国陸軍初の大将に任じられ、退役後は各国で外交官を務めた。
(中略)

1941年12月30日に満州国軍官学校の優秀生徒として卒業(9期)。
(中略)

朝鮮戦争
韓国軍部隊の後退で危機が訪れた際には、自身マラリアの高熱に苦しみながらも退却してくる兵士達に訓示を与え、みずから先頭を切って突撃を行い戦況を挽回した[30][17]。(中略)
第1師団の戦意を疑っていたアメリカ第27連隊マイケレス連隊長はこの姿に感激し、以後のアメリカ軍と韓国軍の信頼度が増したという[32]。(中略)

韓国国内での評価
盧武鉉政権時代にすすめられたチンイルパ(親日派)弾劾運動では、反民族特別法によって発表された親日人名辞典に日本の韓国植民地統治に協力した親日派としてリストアップされた。

2009年、李明博政権ではその功績を讃えて韓国軍史上初の「名誉元帥」に推戴されることが内定した[58]。
(後略)