(イメージです。)

1::2019/06/17(月)04:59:25.93●PLT(13345).netID:???

 【カイロ=倉茂由美子】

 オマーン沖で発生したタンカー攻撃を巡り、イランと対立するサウジアラビアとイスラエルが相次いで「攻撃はイランの犯行だ」と断定した。米英に続き、イラン関与説に正式に加わった形だ。

 サウジのムハンマド皇太子は16日付のアラブ紙のインタビューで「イランは日本の首相のテヘラン訪問に敬意を払っていない」と述べた。サウジの実権を握る皇太子が事件に言及したのは初めてだ。

 皇太子はイランとの戦争は望まないとしながらも、「我々は国民や主権、国益への脅威に対処する」と述べた。アラブ首長国連邦(UAE)のアブドラ外相も15日、イランへの言及は避けながらも「国家による攻撃だ」と批判している。

 また、イスラエルの民放テレビ「チャンネル13」は15日夜、イスラエルの諜報(ちょうほう)機関が、タンカーの攻撃は、イランの精鋭軍事組織・革命防衛隊による機雷の攻撃だったと結論付けたと報じた。サウジとイスラエルは、米英、UAEとイラン包囲網の強化を改めて呼びかける方針だ。

 これに対し、イラン政府は15日、英国に外交ルートを通じて「英国の主張は証拠もなく、受け入れられない」と抗議した。英・イランは比較的、良好な関係を維持していたが、事件を機に悪化する可能性がある。

読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-00050174-yom-int