1:2014/02/23(日) 11:53:06.99 ID:
日本の鳩山由紀夫元首相が「朝鮮半島の統一は当然の流れだ。日本政府も朝鮮半島の統一のために何ができるのか苦悩すべきだ」と述べた。鳩山元首相は、本紙が来月3日、4日の両日に開催する「第5回アジアン・リーダーシップ・カンファレンス(ALC)」に出席する。

鳩山元首相は「朝鮮半島の統一は、北東アジアの安定や、地域経済の活性化のためにも欠かせない。統一のためには、 日本と韓国・中国の協力関係の構築が重要だ」と強調した。

鳩山元首相は、2009年8月の衆議院議員総選挙で自民党による長期政権を終わらせ、民主党政権最初の首相を務めた人物だ。在任中には米国一辺倒の外交から脱却し、アジア重視を強調する「東アジア共同体」を主張して、米国との摩擦を引き起こした。

北東アジア地域の各国の対立について鳩山元首相は「安倍晋三首相の靖国神社参拝や、過去の歴史について反省する談話を否定するかのような発言が、対立を深めることになった」と語った。その上で「日本政府は誰もが分かる形で(過去の歴史について)謝罪すべきであり、
今こそ謝罪できる勇気が求められるときだ」と強調した。
また、日本の政治家たちが歴史について謙虚な姿勢を示すべきだ、と主張した。

旧日本軍の慰安婦強制動員については「日本政府は(問題が)解決済みだと主張しているが、被害者がそう考えていないのであれば、政府からの補償という形で対処すべきだ」と述べた。

本紙は今月14日、東京都内の鳩山元首相の事務所でインタビューを行い、韓半島(朝鮮半島)の統一について考えを聞いた。以下は一問一答。

―日韓関係が悪化している。日本が右傾化しているという見方もある。

「20年にわたって経済が低迷し、国内総生産(GDP)で中国に追い抜かれ、韓国も急成長する中、日本国民は自信を失っていた。このような状況で、大言壮語し虚勢を張ることで、強く見せようとする政治家(安倍首相を指す)が登場した」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/23/2014022300625.html
 e1d911cc.jpg 
>>2