1:2014/09/25(木) 14:09:52.55 ID:
 第17回アジア競技大会(仁川アジア大会)開幕からわずか5日間だが、批判の声が相次いでいる。メディアのサービスに不備が次々と現れているほかに、選手村の食事が「ひどい」と批判は殺到している。

 8年前に開催されたドーハアジア大会の食事は最高だと評価され、海産物や肉類や果物は何でも取り揃えてあるほかに、レストランは24時間、選手向け開放していた。一方、仁川アジア大会の食事の種類はきわめて少なく、キムチばかりで肉料理は全然ない。毎日キムチを食べて栄養不良になったと不満を示した選手もいる。

 大会の組織委員会は選手一人につき1つの弁当を提供しているものの、味が本格的でないほかに、サルモネラ菌が検出されたこともあった。24日にテニスコートで見たところ、弁当の目方が少ないが、大半は食べ切れなかった。

 また、24日にネットで公開された写真は話題となり、中国の1人のバスケットボール男子選手はキッチンに急遽設置した小さいベッドで寝ている。

ソース(新華社) 
http://www.xinhuaxia.jp/social/47705

20400407.jpg