オリンピック 五輪 

1
:2014/02/23(日) 00:24:51.31 ID:
★次期「平昌五輪」韓国への懸念…開催国の自覚はあるか
産経新聞 2月22日(土)16時43分配信

ソチ五輪がまもなく閉幕する。次期冬季五輪は2018年に韓国の平昌で開催される予定だが、韓国の動向をみると、五輪開催国としての自覚がまったく感じられない。4年後、韓国は世界のアスリートたちをどのように「おもてなし」するのだろうか。

ソチ五輪のフィギュアスケート男子で、カザフスタンのデニス・テン(20)が銅メダルを獲得した。韓国メディアによれば、デニスの母方の祖先は朝鮮独立運動家につながる血筋なのだという。しかも、カザフスタン初のフィギュアスケートメダル獲得選手だ。大拍手となると思いきや、ネット上に、テンが日の丸のはちまきを巻いている写真が流れた。

ハングルで書かれたサイトでは、その写真が大きく使われていた。違うサイトでは、この写真はテンが2013年の世界選手権で2位になった際にも話題になり、「韓国人を戸惑わさせた」と紹介されている。その上で「銅メダル獲得と同時に騒ぎを再燃させるのは悪意的」とも書かれていた。

「日の丸はちまき」のテンの写真が本物か、あるいは合成なのか、流したのは韓国人なのか…。詳細は分からない。「日本人の陰謀だ」と因縁をつけられないだけ、ましと考えるべきなのか。

2月13日のショートトラック女子500メートルで英国の美人アスリート、エリス・クリスティ(23)が転倒し、これに韓国選手が巻き込まれた。15日付英紙オブザーバー(電子版)によると、この試合後、クリスティの短文投稿サイト「ツイッター」が炎上した。「気持ち的に本当につらかった。私への脅迫文が送られてくる。競技に集中できない」とクリスティ。英国選手団の関係者は「ツイッターの内容は一種の脅迫。不愉快な内容だった」と話し、クリスティのツイッターは閉鎖された。
>>2
へ続く

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140222-00000553-san-kr