アジア大会2014 
(イメージです。)

1
:2014/09/24(水) 14:21:14.55 ID:
2014年9月21日、中国メディア・騰訊によると、仁川アジア大会射撃競技で、金メダルを獲得できなかったことなどが原因で、韓国射撃チームや韓国メディアの度を超えたマナー違反が目立った。中国チームからのあいさつを無視したり、韓国の金メダルが確定すると他国選手がゲーム中であるにもかかわらず大騒ぎするなどの行為があった。

仁川アジア大会で、開催国の韓国は金メダルを奪取するためにさまざまな“策略”を張り巡らしている。女子10メートルエアピストルは慣例を破って初日に行われただけでなく、試合時間も1時間繰り上げられた。しかし、金章美(キム・ジャンミ)を中心とする女子チームは、プレッシャーが大きすぎたためか、団体でも個人でも金メダルを獲得できなかった。

20日の試合終了後、中国チームの王義夫(ワン・イーフー)監督は「韓国は初日に金メダル4個を獲得する計画だった。男子50メートルピストルでも金メダル2個が確実視されていたが、初日の4個のうち3個を中国が奪い取った。そのため、韓国チームはメンツを失い、中国チームに怒りをぶつけてきた」と語った。通常は率先してあいさつしてくる韓国男子チームの監督が、今日に限って中国チームにあいさつせずに、「こちらから声をかけても無視された」と中国チーム関係者は明らかにした。

一方、21日に行われた男子10メートルエアピストルでは、韓国が中国に逆転して金メダルを確定。初日に金メダルを獲得できなかった反動からか、選手は大喜びし、観客からの祝福や歓声が館内で爆発。チーム関係者も選手のところへ駆け寄って祝福し、メディアも興奮に包まれるなど、騒然とした状態がしばらく続いた。

この時点ではまだ他国選手のゲームが終了しておらず、館内では冷静さを保ち静かにするように注意する案内メッセージが英語を使って2度放送された。しかし、その時でさえ韓国メディア数十社は選手を追いかけ、撮影やインタビューに奔走していた。

(翻訳・編集/HA)
ソース:レコードチャイナ 2014年9月23日 11時53分
http://www.recordchina.co.jp/a94615.html