韓国 経済 

1
:2014/09/23(火) 22:23:26.06 ID:
2014年9月21日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の政府と公共機関、家計の負債をすべて合わせると、2000兆ウォン(約200兆円)に迫っていることが明らかとなった。

韓国政府が発表した2014~2018年の国家財政運用計画によると、今年の国家債務は527兆ウォン(約53兆円)になる見込み。また、韓国銀行の発表によると、家計の負債は6月末基準で1040兆ウォン(約104兆円)にのぼる。負債の規模が大きい上にその増加速度も速く、負債が雪だるま式に増え、国の経済が危機に陥るという懸念も出ている。

このような現状に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。

「アジア通貨危機の時も、政府は安全だって言っていたよね」

「結局、金持ちと大企業だけ減税してやって、庶民には厳しい状況だ」

「盧武鉉は経済運営をとてもうまくやっていたんだね。今になって思うよ」

「朴槿恵は、親庶民政策を行なうって言ったけど、たばこ税を上げて、企業の負担を軽減だ。企業は、その利益をそのまま溜め込んでいる。大企業の留保金は増えていって、庶民のポケットは空っぽになっていく」

「借金返済の苦労を次の世代に押し付けてしまって申し訳ない」

「大韓民国庶民の最大の敵は、国会議員と政府高官と朴槿恵だ」

「政府は大企業留保金に課税しろ。大企業のご機嫌うかがいをするな。たばこ税引き上げより、金持ちに増税しろ」

「政府は、増税政策よりも非効率的な政府事業の縮小と、膨大な公務員のリストラを先に実行しなければならない」

(翻訳・編集/まるみ)
レコードチャイナ 2014年9月23日 18時54分
http://www.recordchina.co.jp/a94582.html