ようつべ youtube 
(イメージです。)

1
:2014/09/22(月) 14:17:48.54 ID:
放送プラットフォームの世界大戦は尋常ではない。韓国はぴったりと包囲された。ユーチューブとネットフリックスは映画館とテレビ流通まで崩す捕食者に成長した。エミー賞ドラマ『ブレイキング・バッド』がネットフリックスのHDサービスのおかげで視聴者数1兆を記録したほどだ。

砲声は中国にも鳴り響いた。ユーチューブを遮断し独自ブランドの優酷、土豆、捜狐、テンセントを育て、ウェブドラマ1本で7億ビュー、テレビドラマ再放送38億ビューのような驚異的な成果を独占した。PPL広告1件で150億ウォンの販売記録もある。市場規模は数十兆ウォン以上と想像を超越する。

ユーチューブから捜狐まで、これらはそのままプラットフォームとして通じる。プラットフォームとは、「多様な種類のシステムを提供するために共通的で反復的に使う基本モジュール」をいう。いまやインターネット絶頂期でニューメディアがプラットフォームで重武装した格好だ。テレビや映画館、DVDのような古いメディアとの決別がプラットフォームを育てる。韓国が行く道は遠い。地上波3社が統合プラットフォーム「pooq」をようやく開始し、CJ、SK、KTもそれぞれプラットフォームを確保したが韓国内向けで外圧には対応できない。『星から来たあなた』が中国で大ヒットしたが、企画の初めの外資流入で付加収益はすべて譲り渡してしまった。

こうしたチャイナマネーとニューハリウッドの挟み撃ちに適時に対応できなければ韓国の放送コンテンツ産業全体が破損されるかも知れない台風前夜の雰囲気だ。停滞していては韓国が米中プラットフォーム大戦の火薬庫に転落しかねない。米国、中国、南米、東南アジアの人たちはユーチューブや中国産プラットフォーム、そして不法なルートでなければ、韓流ドラマ、芸能、ミュージックビデオに接することはできない。輸出しても創作者が補償を受けられない巨大プラットフォーム中心の流通構造が固定化しているのが実情だ。

まずプラットフォームで対抗し生きる道から探さなければならない。「韓国型放送プラットフォーム」を確保し流通システムを再び組み直す方法だ。『星から来たあなた』のような高品質コンテンツをデジタル流通の中に持ってこなければならない。地上波でもまともに売れなかった隠れた宝石を集約し、EBSの教育番組、ドキュメンタリー、アニメーションなどはプレミアム化しなければならない。最終兵器はウェブドラマのような革新にある。

ソース:中央日報 2014年09月22日10時57分
http://japanese.joins.com/article/363/190363.html?servcode=400&sectcode=400
http://japanese.joins.com/article/364/190364.html?servcode=400&sectcode=400

続きます