韓国 ノムヒョン

1
:2014/01/15(水) 10:45:14.28 ID:
 【ワシントン時事】
米ブッシュ、オバマ両政権で国防長官を務めたロバート・ゲーツ氏の回顧録「責務」が14日、米国で発売された。ゲーツ氏はこの中で、日本のアフガニスタン支援は「最低限だった」と不満を吐露。米軍駐留継続をめぐるイラクとの交渉のさなか、長期にわたり米軍を受け入れている日韓に見解を尋ねたらどうかとイラク側に促したところ、逆効果だったとも明かした。
 回顧録によると、アフガンの治安情勢悪化が顕著になった2008年、ブッシュ前大統領は米兵増派を実施に移したくないと漏らし、アフガンに部隊派遣していない日本などの同盟各国が、アフガン部隊の訓練充実への資金支援を増やすよう仕向けるべきだと言い続けた。だが、ゲーツ氏によれば、「結果は最低限にとどまった」という。
 また、イラクへの米軍駐留継続を定めた地位協定をめぐる08年の交渉で、ゲーツ氏は「米国が他の国と結んでいる協定と似たものにすれば、イラクも受け入れやすくなるだろう」と考えた。しかし、日韓とイラクは、受け入れ国の法律を破る米兵への憤りを共有しただけに終わり、
自身の提案は「最悪のアイデア」だったと振り返った。

 ゲーツ氏は、日本と並ぶ北東アジアの同盟国である韓国にも言及。07年11月に盧武鉉大統領(当時)とソウルで会談した際、盧氏が「アジアにおける最大の安全保障上の脅威は米国と日本だ」と述べたと明らかにした。「反米で、恐らく少し常軌を逸していた」と盧氏の印象を記している。


時事通信 1月15日(水)10時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140115-00000034-jij-n_ame