(イメージです。)

1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/04/24(水)09:15:06.49ID:CAP_USER.net
中国の中小企業「Royole」、23日に世界で初めて折り畳みスマホ発売

■華為の猛追でサムスンに焦り

 サムスン電子の折り畳みスマートフォン「ギャラクシーフォールド」に不具合が見つかり、26日(現地時間)に予定されていた米国での発売が直前に延期された。今回の事態の背景には、中国の華為(ファーウェイ)に猛追されるサムスン電子の焦りがあるというのが専門家らの見方だ。

 ここ2年間でサムスン電子と華為のスマホ販売台数の差は急速に縮まり、サムスンの内部では、折り畳みスマホのような革新的な製品によって技術面での優位性を立証すべきという焦りがあったというのだ。

 サムスンが2月20日にギャラクシーフォールドを発表すると、華為はその4日後、折り畳みスマホ「MateX」を公開した。そのためサムスンが無理に発売日を前倒しした可能性が高い。

 ギャラクシーフォールドの発売延期によって、折り畳みスマホで市場を先制するという戦略はもろくも崩れた。そのような中、中国の中小企業Royoleが23日に折り畳みスマホ「FlexPai」を中国国内で発売した。「世界初の折り畳みスマホ発売」というタイトルはRoyoleに奪われてしまったわけだ。

 華為は今年7月に「MateX」を発売する予定だ。もしギャラクシーフォールドの発売が予想より先延ばしになる場合、市場を先制するどころか、「不具合」という汚点を残したままライバル社とほぼ同時に折り畳みスマホを発売することになる。

 サムスン電子の関係者は「かつてギャラクシーノート7の発火事故が起きた時は、原因究明に時間がかかったが、ギャラクシーフォールドはすでに問題点を確認している。あまり遅くならない時期に、より完璧になったギャラクシーフォールドを発売し、世界の折り畳みスマホ市場をリードしたい」と話した。

カン・ドンチョル記者 , イ・ギムン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380199.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/04/23 23:52