(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2019/04/22(月)00:27:10.78ID:CAP_USER.net
ウズベキスタンを国賓訪問中のムン・ジェイン大統領はあらゆる困難を勝ち抜いて定着した高麗人同胞こそ勲章・褒賞がなくても愛国者であり独立有功者と話しました。

ムン大統領は今日(韓国時間)午後、ウズベキスタン・タシュケントで高麗人同胞2百人余りを招待した昼食懇談会でウズベク国民として尊敬されている18万高麗人同胞は大韓民国にとっても大きな誇りとし、このように話しました。

ムン大統領はまた、ウズベクの政財界、文化芸術界などあちこちで多くの高麗人子孫が活躍しながら両国関係を粘り強く繋いでくれていると話しました。ムン大統領はそれと共に今後も両国が共同繁栄に進む過程で高麗人同胞が今のようにずっと力を集めて欲しいと頼みました。

ウズベクには日帝強制占領期間に沿海州に住んでいてスターリンの強制移住政策で中央アジアに連れてこられた高麗人の子孫18万人が暮らしています。

ソース:YTNニュース(韓国語) ムン大統領「苦難勝ち抜いた高麗人、愛国者・独立有功者」
https://www.ytn.co.kr/_ln/0101_201904211901178868?utm_source=dable

関連スレ:【韓国】文大統領、ウズベク議会で演説「南北の鉄道・道路を連結すれば、われわれは大陸を通じて会えるようになる」[04/20]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1555721738/
 
=管理人補足=
高麗人(こうらいじん、Корё сарам、고려인 (高麗人) / 고려사람 (高麗사람)/ コリョ・サラム)

ソビエト連邦崩壊後の独立国家共同体(CIS)諸国の国籍を持つ朝鮮民族のこと。(中略)

極東ロシアとシベリア移住
(中略)現在の高麗人の祖先達は、中国の朝鮮族と同様に故郷を離れ、李氏朝鮮北部からロシアを目指したが、清の領地がそれを阻む形となった。それでも、朝鮮人移民第1期となった761家族5,310人は、当時清の領土だった沿海州に移住し、同地は1860年の北京条約によってロシアに割譲されることとなった。半島北部はもともと農業に厳しい気候であった上、ひとたび飢饉が起こると農村は疲弊し、厳しい生活から逃れるために、窮乏農民が北へと流入したと考えられている。

その後も、多くの農民達がシベリアに移住するようになり、19世紀末にはその数が急増し、1869年には朝鮮人が沿海州における人口の 20%を占めるようになった。シベリア鉄道が完成するより前に、極東ロシアにおける朝鮮人の人口はロシア人より多くなり、地方官吏達は彼らに帰化を推奨した。1897年のロシア帝国の人口調査によれば、ロシア全体で朝鮮語を話す人口が26,005人(男性:16,225、女性:9,780)という結果が出ており[3]、この頃には多くの都市に高麗人村や高麗人農場ができるようになった。(中略)

強制移住
日本軍によるシベリア出兵以来、日ソ両国は互いを仮想敵国とみなしていたが、満州事変以降、ソ連の指導者ヨシフ・スターリンは、沿海州に居住する高麗人住民が日本のためにスパイ活動を行なっていると考えるようになった。実際、満ソ間の国境不確定地帯において、長年に渡り日ソ双方によりスパイ戦が行われていた[5]。また、満州において抗日戦を展開しようとしていた中国共産党との協力体制を構築するためにも、自国内にスパイの恐れのある民族を留まらせておくわけには行かなかったとも言われる。スターリンの下で大粛清が開始されると、高麗人のスパイ活動への関与の疑いが高まり、高麗人のほとんどは日本側の活動とは無関係であったにもかかわらず、ニコライ・エジョフの報告によると1937年10月25日までに沿海州に居住していた36,442家族171,781人の高麗人が、対日協力の疑いで中央アジアに集団追放されたと記録されている[6]。(後略)

wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BA%97%E4%BA%BA