(イメージです。)

1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/04/18(木)19:03:02.51ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】

北朝鮮外務省が今後の米国との交渉について、ポンペオ国務長官以外の人物が交渉に臨むことを希望するとの立場を示した。朝鮮中央通信が18日、報じた。

同省のクォン・ジョングク米国担当局長は同通信記者の質問に対し「今後、米国との対話が再開される場合も、私はポンペオではなく、われわれとの意思疎通がより円満で円滑な人物が対話相手となることを望むばかりだ」と述べた。

クォン氏は「ベトナム・ハノイでの(米朝首脳)会談の教訓に照らしても、事がうまく進みそうでもポンペオが関与するともつれる可能性がある」と懸念を示した。

 また「ポンペオが勝手に話をでっち上げながら朝米(米朝)関係全般を思い通りに揺さぶり、自身の人気を高めようと画策している」と指摘。こうした状況の中で、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領の個人的な関係が依然として良好であり、金委員長がトランプ大統領との親しい関係をうれしく思っていることは幸いだと述べた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190418004200882?section=nk/index
聯合ニュース 2019.04.18 17:17


北朝鮮外務省は今後の米朝交渉について、ポンペオ氏以外の人物が交渉に臨むことを希望するとの立場を明らかにした(コラージュ)=(聯合ニュースTV)