(イメージです。)

1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/04/17(水)15:10:25.82ID:CAP_USER.net[1/2]
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が窮地に立たされている。正恩氏は、2月の米朝首脳会談の決裂を受け、クーデターに怯えて虚勢を張っている。文氏は経済失政に加え、「米朝の仲介者」としての信頼を失い、国際的に孤立した。(中略)ジャーナリストの加賀孝英氏が、南北朝鮮のリーダーの断末魔に迫った。

「太陽節の平壌(ピョンヤン)は祝賀ムード一色だったが、水面下ではクーデターの動きがあり、正恩氏は真っ青になっている。韓国から、北朝鮮関係の極秘情報がもれている。ドナルド・トランプ大統領は、文氏に激怒し、『何だ、アイツは!』と吐き捨てている」

 (中略)

 ご承知の通り、先週11日、ホワイトハウスで米韓首脳会談が行われた。文政権は「米朝の非核化問題を集中的に話し合った」「文大統領の(米朝)仲裁者としての役割がさらに大きくなった」などとメディアにリークし、自画自賛した。

 (中略)首脳会談の「成果はゼロ」だ。それどころか、文氏は非礼も行っていた。以下、米政府関係者の話だ。

 ▽トランプ夫妻と文夫妻4人が、記者団を前に並んだ。その時、文氏は横からトランプ氏に右手を差し出した。トランプ氏が気づかないでいると、文氏は、右手の甲でトランプ氏の腹を小突くように握手を強要した。トランプ氏は文氏をにらみ、文氏の手をたたくように握った。

▽トランプ氏と文氏との「一対一の会談」は、実質2分間だけだった。トランプ氏が文氏を嫌いだからだ。通訳も入っており、2人が交わした会話は、わずか1分以下。それも、こんなお粗末な内容だった。

 トランプ氏「何か言いたいことがあれば、どうぞ」

 文氏「近いうちに南北首脳会談を推進するつもりだ」(ニコニコ顔で)

 トランプ氏「いつ?」

 文氏「分からない。何も決まっていない」

 トランプ氏「ハァ?」

 デタラメそのもの。トランプ氏はあきれ、怒った顔で「じゃあ、その時は、北朝鮮が何を言ったか、伝えてくれ」と、吐き捨てた-。

 (中略)

 北朝鮮問題に話を移す。

 正恩氏はクーデターの動きに、異常に怯え、心底震えている。

 最大の焦点は、北朝鮮の独裁体制打倒を掲げる反体制組織「自由朝鮮」(=3月1日に『千里馬民防衛』から改称)の動きだ。(中略)

続く。

 ■加賀孝英(かが・こうえい)

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190417/soc1904170007-n1.html
夕刊フジ 2019.4.17